まずは読んでほしい記事3選!

【トマト】リコピン効果・効能、さらにトマトアレルギーについて解説!

大量のトマト食べ物
この記事は約5分で読めます。

トマトってかなりの万能食材なのはご存知でしょうか?

トマトの代表的な成分としてリコピンがありますよね。

それ以外にもビタミンCや食物繊維もたくさん入っているので是非摂取しておきたい栄養素ですね!

 

今回は、私がトマトの常識を覆させられたオススメのトマトもご紹介したいと思います♪

 

その他、トマトを使ってどのような料理をしたら、効率よく栄養を摂取できるのか公開したいと思います。

トマトについて知ろう!

実はトマトはなす科の一年生植物で、日本ではなく南アメリカ原産なんです!

私は知らなかったです(笑)

 

しかもトマトは赤色なのに緑黄色野菜だそうです!

参考元:緑黄色野菜 | e-ヘルスネット 情報提供 – 厚生労働省

 

ちなみに初夏に黄色い花が咲きます。

トマトの効果・効能について!

トマトには動脈硬化や脳卒中といった生活習慣病を予防する効果があり、トマトに含まれる成分のリコピンは、強力な抗酸化作用を持っています。

生活習慣病の原因のひとつが体内の活性酸素の増加と言われていて、リコピンの抗酸化力は生活習慣病の原因を抑制してくれるのです。

また、リコピンは悪玉コレステロールを分解する力も持っています。

活性酸素によって引き起こされるコレステロールの酸化や、それによってできる血栓の分解に役立ちますし、トマトはリコピンだけでなく、ビタミンC食物繊維カリウムなども豊富に含まれています。

他にも、疲労回復や便秘解消などの効果もあるとされているので、もう万能食材ですね!

スポンサーリンク

トマトの食べ方のご紹介!

加熱調理

 

まず最初にオススメする食べ方は加熱です。

加熱することによって細胞が壊れ、リコピンを体内に吸収しやすくなるのです。

また、水分が抜けることで体積も減り、生でトマトを2個食べようと思ったら大変ですが、火を通してトマトソースにする事で食べやすくなります!

油を使った料理

 

リコピンは油にとっても溶けやすい性質を持っています。

 

油と一緒に調理すると、体内にリコピンを吸収できる量が増えるという事になります。

 

オリーブオイルなどをトマトにかけて生で食べるのもアリですね♪

チーズをのせてオーブンで焼いたり、炒め物に入れたりしてもいいと思います!

クエン酸が脂っこさを中和してくれますから、肉類の煮込み料理などにも最適ですよ。

生でそのまま食べる

 

生のトマトは水分がほとんどで、そのほかに微量のミネラルやビタミンが含まれています。

トマトの栄養の中ではβ-カロテンやビタミンCが多いです。

 

しかし、含有量で見てみると若干カボチャやブロッコリーの方が高いのです・・・

 

でもトマトは生で食べてこの栄養が得られるので手軽に栄養を摂取するには、おすすめの野菜といえます。

スポンサーリンク

トマトにもアレルギーはある!?

栄養豊富なトマトにも、実はアレルギー症状の原因物質となるヒスタミンが含まれています。

ヒスタミンとは、

 

種々の動植物組織に存在し生理機能に作用を及ぼす物質の事で、動物体内でこれが過剰に遊離(他と化合しない)するとアレルギーを起こす。

 

中には、トマトアレルギーではなくても、遺伝的にヒスタミンを分解する酵素が働きにくい方もいるので、トマトを口にすると皮膚に痒みが出たり赤くなったりする方もいます。

同様に、腸壁にある粘膜が傷んでいる人は、ヒスタミンを分解する酵素がつくられにくく、痒みなどが生じるケースがある。

ヒスタミンは脳にダイレクトに刺激を与える物質の為、子供の場合は落ち着きがなくなったり、大人は集中力が続かないという状態になることもあり得ます・・・

また、何かしらのアレルギーを持つ人は、ヒスタミンを多く含む食材が体に合わない傾向にあると言われており、

 

アトピーなどのアレルギーを持つ人はより一層気をつけましょう!

私がオススメするフルーツトマト!

私がいままで食べたトマトでオススメしたいのは熊本県産のフルーツトマトです♪
このトマト糖度が非常に高く、糖度7~8以上あると言われています。

おそらく皆さんが普段食べているトマトの糖度は4~5くらいで、この数値の糖度が一番市場に出回っているからです。

 

トマトが嫌いな人も食べていただきたいです♪

 

絶対食べれるようになると思います!

だってこれトマトの甘さじゃないです!

おそらくこのフルーツトマトを食べたら皆さんこう言うでしょう・・・

甘っ!」っと♪

トマトですよ?

果物じゃないです。

そう思うくらい甘く美味しいトマトが熊本県産のフルーツトマトです♪

 

まとめ

 

リコピンという成分があるのは知っていましたが、

どうゆう働きをして体にどうゆう影響があるか改めて知れましたね♪

食べ方1つで効果が変わったりしますので正しい食べ方でトマトを食べましょう!

 

ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました