まずは読んでほしい記事3選!

ノンアルコールでも脂肪肝になってしまう理由と原因について!

ハートを持つ女性
この記事は約5分で読めます。
SNSボタン

みなさんアルコールはお好きですか?

私もお酒はよく飲みます。

お酒が好きな方々がきっとこの記事を読んでいる事だと思います♪

ところで、脂肪肝という病気をご存知でしょうか?

肝臓に脂肪がたまった状態の事を指すのですが、肝臓の病気ともあって、お酒やアルコールが原因でなるんだろうなって思っていませんか?

もちろん、アルコールが原因で肝臓の病気になる事はあります。

しかし、ノンアルコールでも脂肪肝になる可能性がある事をご存知でしたか?

この記事では

  • 脂肪肝になる原因について
  • ノンアルコールでも脂肪肝になる理由

この点について主に触れて記事を書いています。

ではまず、脂肪肝になる原因についてみていきましょう!

スポンサーリンク

脂肪肝の原因

 

脂肪肝とは、肝臓の細胞の内部に、中性脂肪の滴が沈着した状態で、様々な肝障害を引き起こす可能性があります・・・

一言で言うと「肝臓の中に中性脂肪が溜まった状態」ですね。

肝臓に中性脂肪がたまった状態。メタボリックシンドロームに合併しやすく、放置すると肝炎などを引き起こす。

引用:脂肪肝 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

通常、肝臓の重さの2〜4%の中性脂肪が貯蔵されていますが、それが5%以上になると脂肪肝と診断されることになります。

 

肝機能の表

出典:人間ドック全国集計成績報告 – J-Stage

日本で、脂肪肝に掛かっている人は年々増加傾向にあり、最近10年間で脂肪肝と診断された人が約2倍に増え、予防・改善が喚起されています。

スポンサーリンク

肝臓の病気の原因について

肝臓の病気と言われたら、真っ先に飲酒によるアルコールが原因と考えがちですが、そんな事はないのです!

実際、脂肪肝もアルコール性と非アルコール性の2つに大きく分けられています。

アルコール性と非アルコール性、ふたつの肝炎の組織像は類似しており、肝臓内の酸化ストレスなど共通の発症メカニズムが研究されています。両者とも進行すると肝硬変や肝臓癌に至ります。

引用:アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎 | e … – 厚生労働省

飲酒が主な原因であるアルコール性では、脂肪肝から肝硬変、そして肝臓がんに進むことがあり、治療のためにはアルコール摂取を止める、控えるなどが必要になります。

これまで飲酒しない人は、脂肪肝になっても症状は軽く、肝炎や肝硬変になりにくいと思われていました。

しかし、肥満や運動不足、甘いものの食べ過ぎなどが原因となり、非アルコール性の脂肪肝もここ10年間で増加してきているのです!

 

また非アルコール性であっても、肝臓の10%ほどが炎症を起こし、肝細胞に障害が発生することで、繊維化が進み、肝硬変や肝臓がんへ移行することがわかりました。

 

これが「非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)」と呼ばれる病気です。

 

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH: nonalcoholic steatohepatitis)は、過食・運動不足・肥満(特に内臓脂肪型)糖尿病脂質異常症などに合併した脂肪肝を背景として発症する肝炎です。

引用:アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎 | e … – 厚生労働省

以前は、脂肪肝そのものは比較的軽い病気とされてきましたが、近年では、動脈硬化の原因となるメタボリック症候群との関係が注目されるようになってきているのです。

なぜならメタボリック症候群には脂肪肝との合併も多く、特に非アルコール性脂肪肝炎との合併が心配されているためです。

脂肪肝は自覚症状がほとんどない

また、脂肪肝は自覚症状がほとんどないため、知らずに症状が進行している場合もありますが、血液検査や腹部超音波検査などで簡単に診断が可能です!

 

健康診断など、積極的に検査を受けることをおすすめします。

 

そして、脂肪肝を指摘されたら、早めに食事内容や生活習慣を改善して治療することがとても大切になってきます♪

なお、肥満の人は脂肪肝になりやすいため減量を勧められると思いますが、過激なダイエットも脂肪肝の原因となることがあるため、注意が必要です。

肝臓から全身に中性脂肪を送り出す際に、タンパク質が必要になります。

その時に、過度な食事制限などでタンパク質が不足すると、その働きに支障をきたすので、肝臓に中性脂肪が過剰に溜まってしまい、脂肪肝になってしまうのです。

肝臓は最も大きな臓器

肝臓は、人体の中で最も大きな臓器で、その重さは成人で1000〜1200gもあります。

栄養分の生成や貯蔵、血液中の薬物や毒物などの代謝と解毒、胆汁の産生、体内に侵入したウィルスや細菌による感染の防御など、さまざまな働きをしてくれているのです♪

1つ目は、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、2つ目は、有害物質の解毒・分解、それと3つ目が、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌です。

引用:肝臓の役割と肝臓の病気|大塚製薬

そのため、私たちが生きていくためには、健康な肝臓であることが、とても大切になってきます。

まとめ

 

今回は、ノンアルコールでも脂肪肝になる可能性があることについて、ピックアップしました!

すべての原因がアルコールというわけではなく、ノンアルコールでも脂肪肝になるおそれがあることがわかってもらえたと思います。

とくに、肥満の方は、メタボリック症候群など、別の病気と合併してしまう恐れもあるため、気を付けるようにしましょう!

血液検査や腹部超音波検査などですぐに調べられますので、気になる方は病院を受診してみてください♪

健康になるには、まず肝臓を健康にすると良いですよ!

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました