まずは読んでほしい記事3選!

【抜け毛】抜け毛は治る!?改善するためにやるべき事とは?

頭が剥げている男性病気の予防・対処法
この記事は約6分で読めます。

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回は抜け毛について見ていきましょう!




最近抜け毛が増えたかなぁ・・・
抜け毛が増えてどんどんハゲになっている気がする・・・

このように思われることはありますか?

人間は毎日抜け毛があります。

実は普段の抜け毛の数の平均よりも、長い毛か?細い毛か?

どんな髪が抜けたのか、

またはいつもより抜け毛の数が増えたのかどうかなどが重要になります。

しかし、抜け毛が人と比べて多いのかどうかは、気になるところではあります。

この記事を読んで少しでもみなさんの不安が解消されたら幸いです♪

髪の毛の生え変わるメカニズム

 

 

成長期 新しい髪の毛が伸びる期間
退行期徐々に髪の毛の成長が止まる期間
休止期髪の毛の成長が止まり、脱毛準備が完了
脱毛+早期 脱毛し、次の毛の成長が始まる時期

 

この4つの期間は、成長期から順番に活動をします。これが髪の毛が生え変わるメカニズムなのです。

成長期

毛母細胞が活発に分裂を繰り返す時期です。

新しくできた髪の毛がどんどん太く長く成長していきます。

退行期

毛母細胞細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を成長させる細胞)の分裂が急速に緩やかになり、髪の伸びが止まる時期です。

髪の毛の根っこ部分であり毛母細胞を含む毛球部分が、少しずつ表皮にむかって動き出して、脱毛の準備を始めます。

休止期

毛母細胞の活動も完全に止まり、髪もまったく伸びなくなります。

毛球が表皮すぐそばまで移動しており、髪が抜ける準備が整っている状態です。

毛は自然に抜けるのを待っている状態ですが、軽くひっぱっただけでも簡単に抜けます

脱毛+早期の時期

休止期に抜ける準備が完全に整った髪が抜ける状態で、

その下には、既に新しい髪が表皮に出るのを待っている状態です。

つまり全ての髪の毛は、正常であれば寿命を全うした後に抜ける運命になっています。

そして、代わりにすぐに次の髪が生えてくるから、頭が薄くならないんですね。


髪の毛が抜ける原因

 

それでは、上で説明したヘアサイクル以外で髪の毛が抜ける原因を調べてみました♪

ストレスによる抜け毛

 

ストレス性脱毛症という名前がある通り、

ストレスと抜け毛は切っても切れない関係にあり、

ストレスを溜め込んでいる状態は常に脳が緊張状態で、自律神経が乱れてしまいます。

そうなると毛乳頭頭皮内の毛細血管と直接接しており、発毛や脱毛を司る機関です)へ繋がる毛細血管が収縮してしまい、

血液の流れに障害が生じてしまい、

結果的に必要とされるタンパク質の成分が血液を通じて届けられなくなり、

髪の毛にも影響が出るというわけです。

髪の毛は血液を通じて、ケラチンと呼ばれる成分を形成しており、

その成分へ栄養素を送り込めない環境になっていると、抜け毛が増えてしまいます

遺伝による抜け毛

 

お父さんやおじいちゃんが脱毛症であると、脱毛症になりやすい体質が遺伝する場合があります。
もちろん遺伝する確率も発症する確率も100%ではありません

抜け毛や薄毛が気になるのであれば若い内に気にしておく必要があるでしょう。

代々、抜け毛が多い家系というのは、

子供にもそのDNAが継承され、抜け毛が起きやすい兆候があると言われています。

食生活による抜け毛

 

血液循環が悪くなっていると、栄養素がうまく脳に伝わらなくなってしまいます。

そして血流がよくなり、栄養素を行き届ける状態になったとしても、

肝心の栄養素を上手く髪へ送ることができなければ意味がないのです。

油ものや塩分、糖分などを取りすぎてしまっては血行の循環が良くても

ドロドロとした脂分の多い成分しか行き届けることができません。

しっかりと野菜や大豆などを摂取して、

ビタミンや亜鉛たんぱく質などを補給して必要な栄養素を送らないと、

抜け毛を阻止するのは難しいでしょう。

すぐに影響が無いとはいえ、

対策や改善をせずにいると30代・40代になってから症状が酷くなる場合もあります。

スタイリング剤のつけ過ぎ

 

頭皮についたスタイリング剤は毛穴を詰まらせ、頭皮トラブルにつながりかねません。

このような頭皮環境は髪の成長にも影響し、最終的には抜け毛を招くことがあります。

抜け毛につながらないように、スタイリング剤は適量を付け

スタイリング剤を使用した日はしっかりと洗い流すようにしましょう。

パーマ・カラーのやりすぎ

 

カラーやパーマに使われている薬剤は、頭皮に対して刺激の強いものです。

そのため、頭皮にカラーやパーマの薬剤がついてしまうと、

頭皮が炎症を起こしてしまうことがあります。

さらに、頭皮の炎症から髪の成長に影響して

抜け毛や薄毛へと繋がってしまうこともあります。

カラーやパーマをする場合は、頻度を少なくしたり、

できるだけ頭皮に薬剤をつけないよう工夫しましょう。

ヘアスタイル

 

ポニーテールやお団子ヘアなど、髪の毛をまとめるヘアスタイルを長く続けていると、

生え際や分け目の部分の髪の毛が抜けることがあります。

髪の毛の固着力以上の強い力で引っ張られて、毛包が委縮してしまうので、

毛を作る細胞の働きが悪くなり、次第に新しい毛が生えてこなくなることもあります。

仕事などで、止むを得ず髪を縛らなければならない場合は、

ゆるめに縛ってみたり、必要のないときには解いたりするようにしましょう。


髪の毛が抜けない為の予防策!

食生活を見直す

 

髪の主成分はタンパク質であり、それを構成する主成分がアミノ酸です。

そのアミノ酸を多く含む食品は、髪自体の生成に重要な役割を果たします。

その他、ビタミン類や鉄分、亜鉛、カルシウムが主に必要な成分です。

代表的な食べ物を挙げると

わかめやひじきなどの海藻類

ブロッコリーにかぼちゃなどの緑黄色野菜

牡蠣などの亜鉛を含む食べ物

フルーツだと、レモンリンゴがオススメですね!

シャンプーの使い方

 

シャンプーは頭皮ケアの基本で、特に重要なのがシャンプーの種類です。

石油系成分や界面活性剤の入っているシャンプーは洗浄力が強い

刺激が強く必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

なのでアミノ酸系が入っている頭皮に優しいシャンプーを使うといいでしょう♪

睡眠と運動は大切

 

睡眠の質を高めるのは薄毛対策に効果的です。

もっともよい睡眠時間は午後10時から午前2時までの時間帯で、

ゴールデンタイムと呼ばれています。

運動の場合、ウォーキング、スイミングなどの有酸素運動は血行不良の改善

毛質の成長につながります。

ストレス緩和に成功したら、頭皮の環境改善にも役に立つでしょう♪

抜け毛や薄毛で悩んでいる方皆様にオススメしたい商品があります!

それが、薬用育毛剤エヴォルプラス 株式会社ディー・ジョインです♪

初回50%OFFキャンペーンでの試しやすさ・社長みずからの体験談・写真をホームページで公開しております。

全額返金保証・全国のAM,FM局のラジオショッピングで案内中です♪

この機会に是非ご購入されてはいかがでしょうか?

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました