まずは読んでほしい記事3選!

知らないと損?マカダミアンナッツオイルの効果・効能がかなり健康的だった!

マカダミアンナッツ健康に関する情報
この記事は約7分で読めます。

マカダミアンナッツオイルって何だろう?

マカダミアンナッツオイルは、その名前の通りマカダミアンナッツを原料として作られている植物油のひとつです。

オーストラリア原産のマカダミアの殻果(食用の果実)から抽出され、揚げ物やサラダといった食用として使われます。

その他にも、石鹸や化粧品などの材料や美容用(スキンケア用)として使われたりもしているんですよ!

日本ではあまりなじみがないかもしれませんね・・・

オーストラリア料理ではポピュラーであるマカダミアンナッツオイルですが、実はオリーブオイルよりオレイン酸を多く含んでいるのです。

 

オレイン酸
血中コレステロールを減らして生活習慣病を予防する働きがあります!

 

そして、糖質ゼロで他の植物油よりもサラサラしています。

ここでマカダミアンナッツオイルを選ぶポイントをご紹介いたします!

 

低温圧搾(コールドプレス)製法されているオイルを選ぶのがポイント!

 

それ以外の方法での製法の場合はマカダミアンナッツがもつ栄養分が損なわれてしまう場合があるからです・・・

せっかくの良い成分が損なわれていないものを使いたいですよね!

スポンサーリンク

マカダミアンナッツオイルの特徴は?

味はマカダミアンナッツ特有の甘味が特徴で、糖質がふくまれていないことから近年注目を集めている人気のオイルの一つです♪

また、マカダミアンナッツの香りがするのでフレーバーオイルとして活用されており、香りが軽めのものもあるのでナッツ系の臭いが苦手・・・

という人でも活用できると思います!

ココナッツオイルほどのくせはなく

 

酸化・熱に対して強い性質を持っているので、加熱時間が長い揚げ物や毎日の料理に取り入れやすいのも大きな特徴ですね♪

 

酸化されにくいということは、動脈硬化心筋梗塞等に有効だということでもあります。

食べるコスメと言われることもある程、優秀なオイルなので、美容や健康志向の人におススメできるオイルですね!

また、食用としてだけではなく皮膚への浸透性の高さを利用したマッサージなんかにも活用されているのですよ♪

老化防止に働くパルミトレイン酸が含まれており、メタボリックシンドロームの改善にも効果があるとされています。

マカダミアンナッツオイルの効果は?

体内に摂り入れた場合の効果!

 

糖尿病予防

パルミトレイン酸にはインスリン感受性の改善効果があると言われています!

このパルミトレイン酸は糖尿病予防に関係があり、肝臓の代謝を良くする働きでインスリン感受性を高めてくれるため、糖尿病予防になると言われています♪

動脈硬化予防

マカダミアナッツオイルに含まれる脂肪酸は主にオレイン酸とパルミトレイン酸であり、ほとんどが不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを下げる効果があります!

このため、血行を良くし動脈硬化予防にも繋がり、高血圧予防にも適しているのです!

油を使った料理が好きな方や病気で節制をされている方には嬉しいオイルですね♪

脳梗塞・脳卒中予防

血行改善の点から脳梗塞の予防にもなると言われています。

血行改善の働きはとても大きいものです。

脳をはじめ全身の血管の栄養となるため、脳血管の栄養不足からなることが原因の多くを占めている脳卒中の予防にも効果が期待できます!

また、酸化がしにくい点から、皮膚の老化を防ぐ働きといった美容効果も期待されており、美容マッサージや化粧品にも使用されています♪

スポンサーリンク

体外から塗布した場合の効果!

滋養を与えアンチエイジングに!

 

マカダミアナッツオイルは、色々な角度からみてアンチエイジングに優れたオイルです。

 

若さの脂肪酸」とも言われるパルミトレイン酸をどのオイルよりも多く含むためですね♪

 

パルミトレイン酸は若者の皮脂に多く含まれ、加齢とともに減少します・・・

また、高い抗酸化作用を持っているので、栄養素も豊富なのです!

それらを素早く浸透させる性質があります♪

肌を柔らかくし滑らかに!

 

マカダミアナッツオイルには、肌を柔らかくし、滑らかにしてくれます。

 

乾燥して硬くなってしまったお肌はそもそも浸透力が衰えてしまいます・・・

 

その為美容液を使用しても肌表面にとどまってしまいなかなか浸透しません

そこでおすすめなのがオイルなのです!

マカダミアンナッツオイルを使いもちもちプルプルの潤いあるお肌に生まれ変わらせましょう!

肌を鎮静させ、保湿してくれる!

 

肌のあれや炎症を鎮静させ、保湿をしてくれる効果があります♪

保湿を怠ってしまうと、くすみ・しわ・たるみを引き起こす原因になる上に、慢性的に続くと肌のキメまで乱れてしまいます。

保湿を怠らずに続けると美白ケアの効果アップにもつながりますので、女性の方は特にマカダミアンナッツオイルで保湿を!

日焼け防止に!

 

紫外線から皮膚を保護してくれます。

しっかりと日焼け防止をしないと皮膚がんにかかるリスクが増えます。

酸化に強いので、日焼け止めとして是非!

マカダミアンナッツオイルはサラサラしていますので使いやすいオイルですよ♪

ハンドケアに!

 

ハンドケアにも有効で、特にあかぎれやひび割れにいいと言われています。

保湿効果がうるおいのある手にしてくれます。

傷の治癒効果!

 

創傷治癒作用があり、傷の手当にも有効と言われています。

マカダミアンナッツオイルの使い方!

ドレッシングとして

 

マカダミアナッツオイルは、ナッツの風味が豊かなので、そのままかけても素材の味を引き立てつつ、良いアクセントになってくれます!

 

生野菜や蒸し野菜のサラダにはビネガーや塩コショウと組み合わせても良いかもしれません♪

 

和食にも意外とぴったりで、冷奴や納豆、お味噌汁にかけるのも合いますよ!

炒め物や揚げ物

 

マカダミアナッツオイルは加熱料理に強く、和食調理にも洋食や中華などジャンル問わず使うことができます♪

肉や魚料理との相性も最高なので、さっと焼くときに使うだけで、いつもの料理がさらにおいしくなります!

普段づかいのサラダ油や菜種油、オリーブオイルなどの代用品として使ってみてください

デザートにオイルを

 

糖質ゼロなのに甘身が感じられるので、アイスクリームやヨーグルト、フルーツにかければ美味しいデザートにもなるでしょう♪

 

糖質制限をしている人には嬉しい限りです!

 

スプーンに1杯、コーヒーやジュース、スムージーに加えるのも良いですよ!

マカダミアンナッツの注意点!

ここまで、さんざんマカダミアンナッツオイルは身体に良い!最高!

と言ってきましたが、ちょっと注意点があります。

それは、いくら健康に良いと言っても、もとはオイル。

脂質です

そのため、過剰摂取は控えてください

成人では一日に必要なエネルギーの20~30%を脂質からとるのが良いと言われています。

使い分けをするのではなく、毎日の料理に使う油と置き換えると摂取量を気にせずに使いやすいかもしれません!

その他にもアレルギーを起こす危険性もあります。

 

マカダミアンナッツが有するものからアレルギー反応を起こす場合がありますので、異変を感じた場合は速やかに病院に行くようにしましょう!
スポンサーリンク

まとめ

 

今回はマカダミアンナッツオイルについてピックアップしてみました!

健康志向が高い人や、もともとマカダミアンナッツオイルをしようしていた方はすでにマカダミアンナッツオイルの良さを知っていたでしょう♪

まだあまり世間に知られていないだろうと思ったのでご紹介させていただきました!

お肌にも良し!料理にも良し!病気の予防にも効果があり、糖質ゼロのため、女性はもちろんの事ちょっと太ってきたかなぁと心配な男性の方々!

これから生活習慣病が心配だと思う方も予防として使えます♪

ぜひこの機会にご家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました