まずは読んでほしい記事3選!

新鮮なキャベツの簡単な見分け方、種類や保存方法について!

キャベツ食べ物
この記事は約6分で読めます。

野菜として摂取する機会が何かと多いキャベツですが、キャベツにも採れる季節で少しづつ違いがあるのをご存知でしょうか?

そんなキャベツの種類についてすこし解説した後、美味しくて新鮮なキャベツの見分け方を公開しています。

その他にも、キャベツは私たちにどのような健康をもたらしてくれるのか?

ダイエットにも向いている食材なので、キャベツを食べながらのダイエット法も解説していますのでご覧ください。

スポンサーリンク

キャベツの種類とは?


日本では一年を通じて栽培されていますが、大きく分けると4~6月、7~10月、11~3月の3回の収穫期があります。

キャベツが出回る時期によって、種類が変わってきます。

春キャベツ

 

主に4~6月に出回ってます。

新キャベツ、春玉として売られている事もあって、巻きが緩やかで、球の中心に近い葉も緑色を帯びています。

葉が柔らかい為、サラダや即席漬けの生食に向いていて、最も美味しくなる時期は5月ごろです。

冬キャベツ

 

11~3月にかけて出回ってます。

その中でも寒玉とも呼ばれるキャベツは、甘みがあるのが特徴的で、葉が堅くて煮くずれしにくいので、ロールキャベツなどの煮物に向いていますよ!

寒さがとても厳しい2月ごろが食べどきで美味しくなります。

夏秋キャベツ

 

7~10月に出回るキャベツで、葉がとても柔らかいのが特徴です。

群馬県、北海道、長野県などの高度が高く、寒い地域で作られたものは、高原キャベツとも呼ばれます。

スポンサーリンク

おいしいキャベツの選び方

葉と葉の間にすき間がなくて、葉の巻きがしっかりしているキャベツが美味しいと言われています!

一玉買う場合には、軽く押してみて巻き具合を確認してみると良いでしょう!

もし、かっとしているキャベツを買う場合は、カット面を見て、芯が上まで伸びていないキャベツを選びましょう!

そして、持ち上げてみて、ずっしりと重いものを選ぶのも良いですよ♪

キャベツの様々な栄養と効果について

キャベツを食べる事で注目してほしい効果があり、それが美肌効果です。

キャベツと美肌はなかなか結び付きづらいと思いますが、実は野菜の中でビタミンCがとても豊富なのです!

 

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、お肌などの老化を防ぐ効果もあります。

 

更にメラニン生成やできたメラニンを取り除く効果があるため、美白効果も期待できるのです!

お肌を作る元である、コラーゲンの生成にはビタミンCは欠かせませので、毎日しっかりキャベツを食べることで、自然と美肌に近づく事になるのです!

胃腸を保護してくれる

 

栄養素のなかに、見慣れないビタミンUというものがありますよね?

 

これは別名キャベジンという成分で、胃腸の粘膜保護や肝機能改善を促す効果のある成分です。

その為、お酒を飲む前にキャベツを食べことで、胃腸を保護し二日酔い防止にもつながりますよ♪

またビタミンKには傷の治りを早めてくれる効果があり、弱った胃腸の粘膜を回復するのに役立つ効果もあります。

切り傷などの外傷の回復も早めてくれるので、胃が痛い時や転んだ時には積極的に食べたいですね。

むくみ改善と高血圧予防にも効果的!

キャベツに含まれるカリウムには、血中の余分なナトリウムを体外に排出してくれる効果があります。

ナトリウムは塩分の一種で、この濃度を適度に保つことは高血圧や動脈硬化などの予防にもなります。

またナトリウムは余計な水分を保持しやすい特徴があるため、排出することでむくみ改善にも繋がるんですね。

キャベツによるダイエットのポイント

ウエストを計る男性

キャベツダイエットは、6分の1個分のキャベツを、食事前に食べるとても簡単な方法です。

 

しかし、やり方にはいくつかのポイントがあります!

キャベツは千切りのように細かく切らずに、5センチ角のざく切りにしてください。

こうすることにより、食べ応えができ噛む回数も増える為、自然と食事の量を減らせます。

そして、10分ほど時間を掛けて食べるようにしましょう

 

キャベツダイエットでは、噛む回数を増やす事によって、食欲を抑える為、早食いをしては効果がありません。

 

なお、キャベツを食べる際は、何もかけずに召し上がるかノンオイルドレッシングを使用してくださいね!

そもそもキャベツダイエットとは、食事の前にキャベツ1/6個を食べる事によって、低カロリーなキャベツでお腹を満たし、食事の量を減らすダイエット方法です。

生のキャベツはサラダで食べたことがあると思いますが、食物繊維が多い為シャキシャキとした食感で噛み応えがありますよね!

そんなキャベツの特徴を生かして、よく噛む事で満腹中枢を刺激し、満腹感を得るのです

その為、キャベツは千切りよりもザク切りにした方が、ダイエット効果を高める事ができます。

また、上記で述べたようにキャベツを食べる際には、ノンオイルドレッシングを使うか、そのままで食べるようにしましょう。

市販のドレッシングは糖質が多く含まれていますから、せっかくキャベツでカロリーを落としても効果がなくなります。

なお、理想は毎食前にキャベツを食べる事ですが、それだと飽きて、途中で挫折してしまいそうという方は無理はしなくていいので、まずは一食だけ食事の前にキャベツを食べるようにしましょう。

 

生のキャベツが苦手という方は茹でても良いですが、しなしなになるまで茹でると、噛み応えがなくなり、キャベツダイエットの効果が薄れます。

 

その点はご注意を!

キャベツの保存方法

キャベツを丸ごと保存する場合

 

最初に芯をくりぬいていきます。

そこに湿らせておいたペーパータオルなどを詰めて、ビニール袋に入れた後冷蔵庫で保存します。

 

こうする事で、芯から水分が補給されて、ある程度みずみずしさを持続することが可能なのです!

 

ここで注意点ですが、細菌の繁殖を防ぐ為に、ペーパータオルは2~3日で取り替えましょう!

この状態で冷蔵庫の中に保存していると、キャベツは成長し続けるので、なるべく早く食べてください。

半分にカットされたキャベツを保存する場合

 

ラップに包まれている場合には、そのままでは呼吸ができず、すぐに傷んでしまうので、必ずビニール袋に入れ替えて冷蔵庫で保存てください♪

まとめ

 

胃腸薬とかでよくあるキャベジンはキャベツに入っているビタミンUの名称だったんですね!

ここからわかる通り胃腸の保護や二日酔いなどにはよく効きます♪

ダイエットにも効果的などで是非積極的に摂りたい野菜ですね!

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました