まずは読んでほしい記事3選!

【心の健康】家族や友人、身近な人が鬱病になった時の対処法!

ハートの上に心電図健康に関する情報
この記事は約12分で読めます。

あなたは一度でも心を病んだことがありますか?

または、周りに心の病にかかっている人はいませんか?

平成29年現在、精神疾患にかかっている患者数:約419万人

参考資料:精神疾患のデータ|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

 

これを少ないか多いか、感じるところは人それぞれだと思います。

しかし、精神疾患数は毎年増加傾向にあり、その中でも特にうつ病患者が圧倒的に多いですね。

 

これは決して他人事ではなく、意外と身近にいたりするもんですよ?

 

対処の仕方を間違えると自殺なんてこともありえます・・・

もしあなたが、このままでは鬱になりそう、だとか周りにうつ病の人がいるなど、そういった悩みがるならこの記事を読んでみてください。

きっとあなたの手助けになるでしょう。

まず心の健康とはなんだろう?

心の健康とは、

いきいきと自分らしく生きるための重要な条件の事を指します。

具体的に言うと、

 

自分の感情に気づいて表現できること(情緒的健康

状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること(知的健康

他人や社会と建設的でよい関係を築けること(社会的健康

 

を意味しています。

人生の目的や意義を見出して、主体的に人生を選択すること(人間的健康)も大切な要素であり、心の健康は「生活の質」に大きく影響するものだといえますね!

心の健康には、個人の資質や能力の他に、

 

身体状況、社会経済状況、住居や職場の環境、対人関係など、多くの要因が影響しています

 

なかでも、身体の状態と心は強く関係しているのです!

 

みなさんは心身症という病気をご存知でしょうか?

 

心身症とは、

 

各科が対応する身体疾患の内、発症や経過に心理社会的ストレスの影響で機能的(器質的)な障害を伴った疾患群の事をいいます。

 

心身症という名称があるように、以前から、ある種の疾病の発症や進展に心理的な要因が影響する事が知られており、最近ではこの関係が実証されてきているそうです。

例えば、ストレスが多いと風邪などの感染症にかかりやすくなること、心臓病などの病気にかかりやすい性格や行動があること、などが具体的には有名なところですね!

心の健康を保つには多くの要素があるのですが、適度な運動や、バランスのとれた栄養・食生活は身体だけでなく、心の健康においても重要な基礎となるものなのです。

これらに、心身の疲労の回復と充実した人生を目指す「休養」が加えられ、健康のための3つの要素とされているのです!

さらに、十分な睡眠をとる事、ストレスと上手に付き合う事は心の健康に欠かせない要素となっています!

うつ病は心の病気の代表的なもので、多くの人がかかる可能性を持つ精神疾患です。

 

残念の事に、自殺のうち、かなりの数はこのうつ病が背景にあると考えられています・・・

 

心の健康を維持するための生活や心の病気への対応を多くの人が理解する事が重要ですね!

スポンサーリンク

心の健康に必要な事とは?

休養をとる事

「休養」は疲労やストレスと関連があり、2つの側面があります。

1つは「休む」こと!

つまり仕事や活動によって生じた心身の疲労を回復し、元の活力ある状態にもどすという側面です。

2つ目は「養う」こと!

つまり明日に向かっての鋭気を養い、身体的、精神的、社会的な健康能力を高めるという側面です。

 

このような「休養」を達成するためにはまず「時間」を確保することが必要です!

 

特に、長い休暇を積極的にとることが必要になってきますね!

しかし、このような休養の時間を取っても、単にごろ寝をして過ごすだけでは真の「休養」とはならずリラックスしたり、自分を見つめなおしたりする時間を1日の中につくること!

 

趣味やスポーツ、ボランティア活動などで週休を積極的に過ごすこと!

長い休暇で、家族の関係や心身を調整し、将来への準備をすることなどがホントの休養と言えますね!

 

休養におけるこのような活動が健康につながる環境や状況、条件を整えることとなっていくことから、今日の健康ばかりでなく、明日の健康を考えていくところに「休養」の意義付けをし、「積極的休養」の考え方を広く普及することが重要ですね♪

心にダメージを負わせる3つの事象!

 

スポンサーリンク

ストレス反応

顔を隠す女性

個人をとりまく外界が変化すると、それまでと違ったやり方で新たに対応することが要求されてきます。

このような外界の変化はストレスと呼ばれ、さまざまな面で変動の多い現代社会では、ストレスの多い時代だと言えますね・・・

 

外界に起きた変化に適応しようとして内部にストレス反応とよばれる緊張状態が起こります。

 

これは、誰にでも起こることであり、いろいろな障害から身を守るなど、課題に挑戦する際に必要な反応なのです。

ストレスの影響を強く受けるかどうかには個人差があるものの、

 

過度のストレスが続くと、精神的な健康や身体的な健康に影響を及ぼすこととなります。

睡眠への対応

寝ている女性

睡眠不足は、疲労感をもたらし、情緒を不安定にし、適切な判断力を鈍らせるなど、生活の質に大きく影響します!

また、心の病気の症状の1つとしてあらわれることが多いことにも注意が必要ですね・・・

近年では睡眠障害は高血圧や糖尿病の悪化要因として注目されており、事故の背景に睡眠不足があることが多いことなどから、社会的問題としても認識されてきています。

心の病気への対応

ハートの前に心電図

心の病には精神分裂病、躁うつ病、人格障害、薬物依存、痴呆などさまざまなものがあります。

そのなかでも、現代のストレス社会ではうつ病が大きな問題になっていますよね?

世界の人口のうち3~5%がうつ病であるとの報告もあり、うつ病は一般に考えられている以上に広く認められる心の病なのです!

うつ病は、感情、意欲、思考、身体のさまざまな面に症状が現われる病気で、

 

早期に発見されて、適切な治療を受ければ、大部分が改善します♪

 

しかし、患者の多くは自分の状態をうつ病から生じている症状であるとはとらえることができず、うつ病の治療を受けていないのが現状ですね・・・

その為、私たちはうつ病の症状や治療についての正しい知識を持つことが、これから必要なことだなと思います。

心の健康を保つためにやる事!

ストレス対策をしよう!

 

ストレス対策としては、

・ストレスに対する個人の対処能力を高めること

・個人を取り巻く周囲のサポートを充実させること

・ストレスの少ない社会をつくること

 

個人がストレスに対処する能力を高めるための具体的な方法としては、

 

(1)ストレスの正しい知識を得る

(2)健康的な、睡眠、運動、食習慣によって心身の健康を維持する

(3)自分自身のストレスの状態を正確に理解する

(4)リラックスできるようになる

(5)ものごとを現実的で柔軟にとらえる

(6)自分の感情や考えを上手に表現する

(7)時間を有効に使ってゆとりをもつ

(8)趣味や旅行などの気分転換をはかる

などが挙げられます!

個人が受けるストレスの影響は、配偶者や家族、友人、知人、職場や地域社会などのサポートによって緩和される事がほとんどです♪

一方、ストレスの解消や発散のために喫煙や過度の飲酒、過食などに走ると、一般にストレスが不健康な習慣の言い訳にされることがあるりますよね?

そのため、これらの生活習慣の改善と、ストレスに対する個人の能力を高めることを、自己管理目標のひとつと位置づけて取り組むことが重要なんじゃないかなって思います。

睡眠対策

 

睡眠障害の危険因子としては、ストレス、ストレス対処能力の無さ、運動不足、睡眠についての知識不足などが原因となっています・・・

睡眠対策としては、睡眠について適切な知識と、かかりつけ医の適切な対応をとれるようにすることが必要ですね!

最近発表された研究によると、

・眠いときだけ床に入る

・十分に眠れなくても毎朝同じ時間に起きる

といった行動についての指導を受けた人について、睡眠薬を投与した場合に負けないだけの治療成績が示されており、このような日常生活における配慮だけでも、大きく睡眠障害の改善が見こめますよ!

スポンサーリンク

こころの病気への対策

 

自殺予防活動には、

・自殺が生ずる前に対策を講じ、予防につなげること(予防

・生じつつある自殺の危険に対して介入し、予防すること(介入

・不幸にして自殺が生じてしまった場合に遺された人々に対する影響を少なくすること(自殺後の対応

が挙げられます!

予防としては、

 

職場や学校や地域を通じ、一般の人々に自殺の危険因子、直前のサイン、適切な対応法などについての知識の普及を図ることが挙げられます。

 

特にうつ病の症状と、有効な治療法があることの理解を広める必要がありますよね!

また、かかりつけ医、教師などは、自殺の危険を早期に発見できる可能性が高い事から、予防のための知識を持ち、精神科医などの専門医との連携を図る事で早期に予防できる確率が上がります。

介入は、自殺の危険の高い人を早期に見つけ、適切な治療を受けられる環境を整える必要があり、精神科医療が充実することが前提となります。

自殺が同じ場所で行われる傾向が見られたり、ある自殺に影響を受けて自殺が行われることが調査されており、特に自殺者の周囲の者に危険性が高まることが指摘されているのです・・・

このような連鎖的な自殺を防ぐために、地域で自殺が生じた時には、周囲の人に対する支援や、適切な報道などが必要になってきます。

 

海外では、専門家が自殺のきっかけや自殺者の受けた治療などを調べて、自殺の背景を明らかにし、この結果を自殺予防に役立てる取り組みが行われています。

 

日本においても、有効な自殺対策を立てるために、こういった自殺の背景を明らかにする必要がありますよね。

もし家族が心の病にかかってしまったら?

病気の理解と基本的な対応とは?

 

治療にはご家族の協力が重要などと言われると、大きな責務を感じて、ついつい力が入りがちだと思いますが、あまり特別なことを考える必要はないです!

一つ一つ言動に気をつけすぎて、ご本人が「まわりに心配ばかりかけてしまっている」と感じてしまうことがあるようです・・・

まずは力を抜いて、病気の理解からはじめると良いかもしれません♪

原因探しをしてはいけない!?

 

なぜ、この人は病気になってしまったのだろう
自分たちに何か問題があったのか

 

など、原因が何なのか家族として大変気になるかと思います。

実際は様々なことが関与して特定できないことがよくあります。

 

「今できること」を中心に考えるようにしてみるいいですよ!

 

家族の生活の中で、本人がストレスを感じることがあれば、今は取り除いておくということも大切です。

励ましてはいけない!

 

これについてはご存知の方は結構おおいかもしれませんね!

すでに頑張りすぎて、心の病になってしまった場合には、励まされることで「もうこれ以上頑張れない」とか、こんなにまわりの人が自分のために気をつかってくれているのに、何もできない自分は情けない症状を悪化させてしまうためです。

ただ、励ますことが効果的な時期もありますので、その対応の時期については主治医の先生によく相談してみると良いでしょう♪

無理に特別なことはしないでおく

 

ご本人の元気がないと、気分転換をさせようとか旅行でも連れ出そう、パーッと飲み明かそう!

など家族で考えることもあるかもしれません。

しかし、心のエネルギーが消耗している状態だと、

 

普段楽しめることは楽しめず、むしろ疲労感を増し、悪化してしまうこともあります。

 

また、こうした気遣いに応えられない自分に嫌悪感を募らせ、自殺のリスクも高まる場合もあります。

ご本人が、楽しみたくなる気持ちが湧いてくるのを待ちましょう。

大きな決断は先延ばしにしよう!

 

職場でみんなに迷惑をかけている」など自責的な思いから、退職や離婚などについて口にする場合があります。

 

心の病では、悲観的な発想しか頭に浮かばなく、その道しか残されてないようにとらえてしまうことがあります。

 

自責な気持ちを汲みつつも、今はまず健康に留意することを最優先した方が良いでしょう!

その問題は、もう少し良くなったら一緒に考えましょうと説明してみたら良いですね。

受診に付き添いはオススメです!

 

毎回の受診に付き添う必要はありませんが、一緒に主治医のお話を聞くことで、ご本人のどんな点に気をつけてサポートするといいのか分かることがあります。

また主治医に面会しておくことで、ご本人が調子を崩してどうしても通院できないときに、代理で受診して相談することもできます。

 

主治医にとっても家庭での様子をご家族からの客観的な情報が治療の役に立つこともあります。

 

注意していただきたいのは、あくまで「付き添い」ということです。

ご本人と主治医の貴重な接点の場ですので、ご家族がしゃべりすぎないよう注意しましょう!

参考資料:「うつ」に気づいたときの対処法は? | e-ヘルスネット 情報提供

まとめ

 

今回は心の健康について色々な角度からピックアップしました!

このストレス社会において、心の病、精神的な面での病は切っても切り離せない問題です。

これは誰にでもなる病気です!

他人事じゃありません。

たまには息抜きしてください。

休養を取ってください。

人生は一度きりです。

生きていればどうとでもなります。

でも死んだら終わりです。

死んでしまうと周りの人にどれだけの影響を与えるか。

これからは新しい時代「令和」です。

あなたも新しい生き方で生きてみてはどうですか?

きっとあなたにあった生き方があるはずです。

令和の時代を作るのは今の若い人たちです。

共に生き抜いていきましょう!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました