まずは読んでほしい記事3選!

片頭痛の原因について、予防法と対処法を解説!

頭を抱える女性病気の予防・対処法
この記事は約4分で読めます。

あなたの周りに片頭痛で悩まれている方はいませんか?

もし、片頭痛に悩まれているのがあなたなら、この記事を読んで対処法と予防法を学びましょう

片頭痛はとても身近に存在する病気で、日本人の4人に1人は片頭痛もちといわれています。

今回、片頭痛を予防できるという健康ドリンクもご紹介しますので、まずは片頭痛について知っていきましょう。

スポンサーリンク

片頭痛について知ろう!

頭痛に悩んでいる方は日本人の4人に1人と言われています。

また、男性より女性の割合が高く、20~40歳代で多く見られます。

参考資料:片頭痛は治る―世界的名医が解き明かす痛みの正体と正しい …

 

頭痛の中でも、日常生活でたびたび起こる片頭痛の患者は、日本で約840万人いると推定され、脳血管の異常が関係していることが分かっているのです。

その原因は様々で、それによって予防法や対処法が大きく異なってきます

基本的には、すべての頭痛の原因は一つとされており、血液中のある物質による炎症反応ともいわれています。

スポンサーリンク

片頭痛の原因と対処法を学ぼう!

 

片頭痛は2種類のタイプに分けられます!

タイプごとに対処法や予防法が異なりますので分けて説明致します。

片頭痛

 

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが片頭痛です。

脳の血管が拡張することで、周囲の三叉神経を刺激して、炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を発症します。

 

ストレスから解放されたときに急に血管が広がったりすることがあり、仕事がお休みの週末などは片頭痛が起こりやすくなります

 

そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、疲労、光や音なども原因の1つとされています。

片頭痛の予防法

 

もしかしたら特定の環境下の中で発症したりする事があるのでメモなどをしておくといいかもしれません。

 

人混みや寝不足もなどは比較的多い原因です。

 

頭痛が起きやすいと言われている、チョコレート、チーズ、ハム、赤ワインなどは摂り過ぎには注意しましょうね。

片頭痛の対処法

 

片頭痛になった場合は冷やしましょう

血管が収縮するので痛みが軽減します。

逆に温めるのはNGなので、入浴などは控えるようにした方がいいかもしれません。

 

コーヒーや紅茶などカフェインは血管を収縮する作用があるので痛みだしたら早めに飲むと痛みが軽減する可能性があります。

 

その他の対処法としては、静かな場所で休むと良いでしょう。

頭痛の最中に体を動かすとさらに痛みが増してしまいます。

光や音のある場所を避けて暗い場所でできるだけ横になりましょう。


緊張型の片頭痛

頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。

筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて痛みます。

 

緊張型頭痛を引き起こす原因としては、精神的・身体的ストレスであることが多いと言われていて、長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。

緊張型頭痛の予防法

 

長時間同じ姿勢をとったり、作業をしないようにしましょう。

高すぎる枕や柔らかい枕、自分に合わない枕を使うと首の負担になり、知らない内に筋肉を緊張させることになってしまいます。

もしできる事なら、まくらの専門店で自分に合った枕を選ぶことで予防ができます。

緊張型頭痛の対処法

 

蒸しタオルやマッサージ、半身浴などで温めて、首や肩の筋肉のこりを取り、血行の流れをよくして下さい。

頭痛が始まったら、精神にストレスを加えていることを中止し、その場所から離れるなどして、早めに気分転換をした方がいいですね。

そして!

そんな片頭痛でお悩みの方に、お手軽に予防できる商品をご紹介致します!

片頭痛は、発生してから対処療法として薬を服用する場合が多いのですが、秋葉原駅クリニックの頭痛専門医大和田潔医師と研究を行い、マグネシウム含有飲料を摂っていただくことで、片頭痛を予防・緩和することを目的にした画期的な健康飲料を開発したそうです!

「AECスッキリウォーター」お試しセット!

大和田潔医師は、日本頭痛学会の認定頭痛専門医で、長年、頭痛患者と向き合い、著書も多数発表されており、TV・雑誌などのメディアで注目されています!

ぜひこの機会にご購入されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました