まずは読んでほしい記事3選!

ゲップは止めることはできないの?ゲップが出るメカニズムについて!

炭酸飲料 ゲップ
この記事は約4分で読めます。
SNSボタン

皆さんは普段ゲップは出ますか?

誰かと一緒にいるときにゲップが出るのはちょっと恥ずかしいですよね・・・

そんな時にゲップは止めることはできないのか、考えてしまうものです。

 

結論から言いますと、ゲップを止めることはできません!

 

しかし、ゲップを出さないように抑えることなら可能です♪

この記事を読めば

  • ゲップのメカニズムについて
  • ゲップを抑える方法
  • 妊婦中と赤ちゃんのゲップについて

この点について知る事ができます!

それではまず、ゲップが出るメカニズムについて解説します。

スポンサーリンク

ゲップが出るメカニズムについて

満腹の時や、炭酸飲料を飲んだ後などにゲップがでることがあります。

これは胃の中の空気が口から出てきたものです。

 

では、この空気はどうやって胃に入ったのでしょうか?

 

炭酸飲料は炭酸そのものを飲んでいますのでわかりますが、炭酸飲料を飲まなくても食後にゲップは出ますよね?

これは、食事中、知らず知らずのうちに、食べ物と一緒に空気を飲み込んでいるためです。

また、おしゃべりしているときにも、少量の空気を飲み込んでいます。

げっぷは、胃内から口腔へガスが排出される現象です。このガスの大半は、飲食物や唾液とともに飲み込んだ空気です。したがって、げっぷは食後に多く、飲み込んだ空気が多いほど、げっぷは多くなり、空気嚥下症ともいいます。

引用:げっぷ|家庭の医学|時事メディカル

こうしていつの間にか飲み込んだ空気が、ゲップの約90%を占めると言われています!

スポンサーリンク

ゲップの役割とは?

ゲップは食事の直後や、ストレスのある時にもよく出るのですが、飲み込んだ空気が胃の上部に溜まり、一定量に達すると胃の内圧が高まって口から出てきます。

つまり、ゲップは胃の「ガス抜き」なのです!

また、ゲップをする直前に、胸や胃が締め付けられるような感じがすることがありますが、ゲップを出すと痛みは消えます・・・

このようにゲップは生理的な現象であるため、出さないようにするには困難なのです。

 

炭酸飲料を飲まないなど、空気を飲み込む量を少なくすることは、効果的ですが、通常、食事などで空気を飲み込まないようにするのは難しいため、この方法はあまり現実的ではありません・・・

ゲップをなるべく出さないようにする方法

しかし、ゲップは周りの人に不快感を与えることも事実・・・

我慢したい場面もありますよね!

ゲップを出さないようにするためには、食事はよく噛んでゆっくり食べる事がおすすめ!

飲み込む空気の量を少なくするとに繋がります♪

 

また、ガムをかむと空気を飲み込みやすくなりますので、ゲップを気にするときは避けること!

 

そのほかにも、リラックスすることも予防に繋がります。

 

  • ガムを控える
  • 食事はよく噛んでゆっくり
  • リラックスする

この3点がポイントです♪

妊婦と赤ちゃんのゲップについて

 

そして、妊娠中もゲップがでやすくなります。

これは、長時間胃の中に留まっていた食べ物が、食道の下にあたる輪状の筋肉(括約筋)が緩むことで、食道に逆流してくるために起こると考えられています!

また、胃酸を中和させる制酸薬の1つ、炭酸ナトリウム(重曹)は、消化不良を短時間で解消しますが、服用するとゲップが出やすくなります

制酸薬が酸を中和する時に発生する炭酸ガスの正体で、制酸薬が効いていることを示すものでもあります!

 

そして、赤ちゃんが母乳やミルクを飲んだ後、背中をたたいてあげてゲップさせるのは、一緒に飲み込んだ空気を吐き出させるためです。

 

赤ちゃんは自力でゲップをすることが難しいためそのような手助けが必要となるのですね!

まとめ

 

今回は、ゲップを自力で止めることはできるのか、についてピックアップしました!

ゲップというのは生理現象なので、止めることはできませんが、抑えることは可能です。

なるべく空気を、胃の中に入れない食べ方を工夫してみましょう。

ガムを噛むとゲップが出やすくなるので、ゲップを出したくない場面ではあまりおすすめしません・・・

あとおしゃべりな人はゲップが出やすいかもです(笑)

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました