ダイエットが簡単に続く?普段の生活で痩せやすい体を手に入れる方法

ダイエットが簡単に続く方法
この記事は約6分で読めます。
SNSボタン
知りたい健康品(カテゴリー別)検索

人が痩せるためには、エネルギーを消費しないといけませんよね?

摂取したカロリーがエネルギーとして消費されずにいると、身体に脂肪が蓄積されてしまいます・・・

摂取カロリー<エネルギー消費量

このエネルギー消費量が大きければ大きいほど、痩せやすく、太りにくい体になる事が可能なのです♪

人がエネルギーを消費するには、3つの方法があります。

それが

  • 基礎代謝
  • 生活活動代謝
  • DIT(食事誘発性熱産生)

です。

 

ん?

 

ちょっと聞き慣れないエネルギー消費の方法がでてきました?

DIT(食事誘発性熱産生)って聞いたことありませんか?

ひょっとしたら、初耳のかたが多いかもしれませんね!

実は、人がエネルギーを消費してダイエットするにあたって、このDIT(食事誘発性熱産生)はとても重要になってきます。

今回の記事では、DIT(食事誘発性熱産生)を中心に書いております♪

この記事を読めば

  • エネルギーを消費して痩せる3つの方法
  • DIT(食事誘発性熱産生)について
  • DIT(食事誘発性熱産生)を増やす4つのポイント

について詳しく知ることができます♪

ではまず、人がエネルギーを消費して痩せるための3つの方法について解説します。

スポンサーリンク

ダイエットが簡単に続く3つのエネルギー消費法

これからご紹介する3つのエネルギー消費量を高めれば、何もせず、普通に生活していても、太ることはありません!

つまり、ダイエットをする前に、この3つのエネルギー消費法を高めて、太らない体を作りましょう♪

スポンサーリンク

基礎代謝

 

私たち人間は何もせず、じっとしていてもエネルギーは消費されています。

身体を動かすとなると、ほとんどの人は運動を思い浮かべると思いますが、私たちの身体は生きるために、何もしていないときもたくさん動いているのです!

何もせずじっとしている時でも、体は生命活動を維持するために、心拍や呼吸・体温の維持などを行っていますが、基礎代謝量(単に基礎代謝ともいいます)はこれらの活動で消費される必要最小限のエネルギー量のことです。

引用:基礎代謝量 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

これが、基礎代謝です。

主に

  • 呼吸をする
  • 脳を働かせる
  • 心臓、呼吸器や臓器を動かす
  • 体温を維持する

などに使われるエネルギーです!

基礎代謝は個人差があり、基礎代謝が高い人はエネルギーを消費しやすい身体と言えますね♪

基礎代謝は、筋肉を増やすことで消費量を増やすことができます。

生活活動代謝

 

生活活動代謝とは、主に

  • 運動する
  • 家事をする
  • 歩く・走る
  • 座ったり・立ったりする
  • 筋トレする

など、身体を動かすことで消費することができるエネルギーを指します!

生活活動代謝は、筋トレをすることで、消費量を増やすことができます♪

基礎代謝=生活活動代謝

みたいなところはありますね!

DIT(食事誘発性熱産生)

 

そして、今回、注目すべきエネルギー消費法は、DIT(食事誘発性熱産生)です。

主に

  • 咀嚼する
  • 消化する
  • 吸収する

などの、食事をする際に、内臓が活発に動く事で消費できる代謝のことを、DIT(食事誘発性熱産生)と呼びます!

食事のあと、消化・吸収され、お腹が「ぐるるるる」「きゅるるる」と、内臓が活発に動いている時の音聞こえますよね?

あれがまさに、それです♪

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。この代謝の増加を食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)または特異動的作用(SDA: Specific Dynamic Action)といいます。

引用:食事誘発性熱産生 / DIT | e-ヘルスネット(厚生労働省)

では、このDIT(食事誘発生産生)によるエネルギー消費量を高めて、太らない身体つくりをしましょう!

DIT(食事誘発生産生)を増やすために、必要な4つのポイントを詳しく解説していきます。

DIT(食事誘発性熱産生)を増やす4つのポイント

タンパク質をたくさん摂る

タンパク質

三大栄養素のうち、脂質と糖質は5%前後しかエネルギーとして使われていませんが、タンパク質はその6倍である30%ものエネルギーが消費されています!

つまりどういうことかと言いますと、同じカロリーを摂取していても、タンパク質由来のカロリーというのは、糖質・脂質に比べて6倍も痩せやすいという事になります♪

ダイエットは、カロリー計算だけではなくて、タンパク質の割合も非常に重要になってきます。

胃腸の動きを活発にする

胃腸

胃腸に刺激を与えるために、辛い物や暖かい物を食べましょう!

辛いものを食べると代謝が良くなって汗をかくことありますよね?

まさにそれです!

ただし、辛いものを食べ過ぎてしまうと、胃酸が出過ぎて胃が荒れるので注意しましょう。

夜食に野菜を食べない

禁止

寝る前は、重たいものやカロリーがあるものは控えて、ヘルシーな物を食べたほうがいいのでは・・・

と、ほとんどのかたは思いましたよね?

実は、野菜に含まれる食物繊維は、腸内活動を活発にする働きがあるのです!

日中にはとても良い事ですが、人間の内臓は、24時間活発なわけではありません。

あなたが寝ているときは、内臓も寝ています。

なので、寝る前に食物繊維を摂って活発に動かしてしまうと、内臓が寝れなくなってしまいます・・・

そうなると、睡眠の質も落ちますし、太りやすくなります。

よく、「寝る前に食べると太る」と言いますよね?

あれがまさに、このことを指しています!

それは、「炭水化物=食物繊維+糖質」が原因なので、野菜やお米は寝る前に食べなければ、ちょっとのお肉や卵などは大丈夫なのです♪

上記で説明した通り、お肉や卵は、タンパク質なのでエネルギーの消費量が脂質・糖質に比べて6倍も高いです。

なので、すぐエネルギーとして消費されますので、太りません♪

カフェインを摂取する

コーヒー

カフェインにはDITを高めて、脂肪の燃焼を促進してくれる作用があります!

眠気覚ましだけではなく、こういった効果のことを考えて、摂取してみてはいかがでしょうか?

もちろん、カフェインの摂り過ぎは、睡眠不足を招いたり、利尿作用で体内の水分バランスが崩れやすかったりと、悪影響を及ぼす可能性もあります。

なので、適度に少しづつ摂取量を増やしたりと、自分なりに工夫して摂取してみましょう♪

まとめ

 

今回は、エネルギーを消費する方法として、DIT(食事誘発性熱産生)をピックアップしました!

基礎代謝、生活活動代謝、DIT(食事誘発生産生)と3つのエネルギー消費法をお伝えしてきましたが、基礎代謝と生活活動代謝は

筋トレさえやれば、増やすことは可能です♪

ですが、DIT(食事誘発生産生)を増やすには

  • タンパク質を摂る
  • 暖かい物や辛い物を食べる事で、胃腸を活発に動かす
  • 夜食に野菜を摂らない
  • カフェインを摂る

この、DIT(食事誘発性熱産生)を増やす4つのポイントを見直すことで、何もせずに消費カロリーを増やし、太りにくい身体を目指すことが、可能になります♪

ぜひ今日から、あなたの生活に取り入れてい見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました