まずは読んでほしい記事3選!

二日酔いに効く飲み物としてコーヒーをおすすめする理由とは?

温かいコーヒー健康に関する情報
この記事は約4分で読めます。

二日酔いでなぜ頭痛がするのか?

二日酔いの代名詞とも言われる症状の一つが「頭痛」です。

これはアルコールを分解する過程で発生するアセトアルデヒドによるものです。

アセトアルデヒドは毒性があり、血管を拡張させる働きもあります。

頭痛は頭部の血管が拡張することで、

その周りの神経が刺激・炎症を起こすことで引き起こされる症状なのです。

コーヒーの凄さがわかる4つの効能!

ダイエット

 

コーヒーは1杯(150ml)におよそ60mgほどのカフェインが含まれています。

コーヒーに含まれているカフェインを摂取することで、

脂肪の分解を加速させ、自律神経である交感神経を刺激してくれます!

これらが上手く合わさり、エネルギー消費を高めてくれることによって、

コーヒーを飲むことでダイエット効果が期待できるということですね♪

カフェインは集中力を向上させる効果があるので、

運動に集中して取り組むこともでき、

さらに、筋肉痛を和らげるのでつらい痛みをを楽にしてくれるのです!

リラックス効果

 

コーヒー独特のあの香りはピラジンという成分によるものです!

コーヒーの香りを嗅いだ人の脳波を調べてみると、

リラックスしたときに出るというα波が活性化されているのです♪

また、1日2~3杯のコーヒーを飲む人は、

リラックス効果が合わさってうつになる確率が15%も低下したとの調査結果があるんですよ!

肝臓機能が活性化

 

1日に少なくとも1杯のコーヒーを飲む人は、

肝硬変を発症する可能性が20%低下したとされています。

さらに毎日2杯のコーヒーを飲むと、

肝がんになるリスクが4割も減少することが明らかになっています!

これらの結果を総合的に判断すると、

コーヒーを飲むことで肝臓機能を活発化させ、

病気にさせない健康な肝臓を作る効果が期待できますね!

胃の消化を活発にして便秘を解消!

 

コーヒーに含まれるカフェインは、

胃に負担をかけて胃液の分泌を活発化させてくれます。

胃の活動が活発になると消化がよくなり、便意を催します。

コーヒーを飲むとお腹がグルグルと鳴り出して、

すぐにトイレに行きたくなるのはそのためです。

体質が悪いという訳ではなく、

カフェインが原因でお腹が緩くなるわけですね。

これが、コーヒーが便秘に効くと言われる理由になります。

コーヒーに含まれるカフェインには、

胃を活動を活発にさせる効果だけでなく、利尿作用があります。

飲むとトイレが近くなるのは、カフェインが関係しているんですね。

利尿作用があるということは、体内の水分量が減っていきます。

すると、便を押し出すための潤滑油的な役割を担う水分が足りなくなってしまうんですね。

その為、体質や飲む量により、効果が変わってくるのですね・・・

コーヒーが二日酔いに効く理由

このように様々な効能が確認されているコーヒーですが、

二日酔いの解消にはどのように関係しているのでしょうか?

まず、二日酔いの頭痛の原因は体内で分解し切れなかった、

アルコールがアセトアルデヒドを発生させ、

血液が酸素を取り入れようとする結果、血管が拡張し、神経を刺激することです。

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮する効果があるため、

二日酔い独特の頭痛をやわらげる効果がある、ということです。

また、コーヒーには利尿作用があるため、

何度もトイレに行っているうちに体内の毒素を追い出すことにつながります。

このような理由で、コーヒーは二日酔いの解消に役立ってくれるのです。

二日酔いのときのコーヒーの飲み方

コーヒーはブラックでいただくのがもちろん一番シンプルですが、

二日酔いの朝には空腹や低血糖の場合がありますので、

急にブラックコーヒーを飲むと胃がキリキリする・・・ということがあります。

その時はミルクや砂糖を加えてカフェオレにするのもよいでしょう。

また、デザート感覚でコーヒーゼリーを作っておくのも良いでしょう。

まとめ

今回はコーヒーが二日酔いに効くかをピックアップしてみました!

普段二日酔いになった場合、お水を飲まれると思いますが、

コーヒーにも二日酔いを解消できることがわかりましたね!

アルコールとカフェイン、どちらも利尿作用がありますので、

お酒を飲むときにも翌日にもお水をたっぷりと摂る事を心がけましょう!

そのまえに、お酒は飲みすぎに注意しましょう!

合わせて読みたい!

コーヒーの種類、生産国、特徴であなたに合うコーヒーが見つかる!
あなたの舌にあったコーヒーがきっと見つけることができます。 コーヒーはどれも味が一緒と思っていませんか? それは大きな間違いですよ! この記事では生産国ごとにコーヒーを解説しています!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました