まずは読んでほしい記事3選!

3種のぶどうそれぞれの特徴と味の違いを解説・アレンジ料理もご紹介!

ぶどうとワイン食べ物
この記事は約6分で読めます。

デザートとしてそのまま食べるぶどうや、ワイン用のぶどうなど、豊富な種類のぶどうが世界中にあります。

古来よりぶどうによるワイン造りが行われてきたことから、品種改良も繰り返され、現在では世界に10,000種以上もの品種があるとも言われています。

すごい種類ですよね!

ぶどうは主に、3種類に分類できます。

その種類と特徴を見ていきましょう!

スポンサーリンク

ぶどうの主な種類をご紹介!

黒系ぶどう

黒ぶどう

黒系ぶどうの特徴は、濃い紫黒っぽい紫色の厚い皮です。

その皮の色の濃さからもわかるように、黒系ぶどうはアントシアニンが非常に豊富です。

品種によっても異なりますが、基本的には「ぶどうの王様」とも称される、巨峰に代表されるような、大粒の実も特徴的ですね。

果肉自体は緑色で、香りと味が濃厚なのも特徴です!

 

赤系ぶどう

赤ぶどう

赤系ぶどうは、黒系ぶどうよりも明るい紫色の皮が特徴です。

なかには色の濃いものや、緑に近いものもあり、黒系と緑系の中間といった感じのものです。

粒の大きさについては、大粒の品種もあれば、小粒もあり、品種によってさまざまです。

 

果実は酸味が少なく、糖度が高いので甘いぶどうが好きな方はオススメですね!

緑系ぶどう

緑ぶどう

緑系ぶどうは、淡く明るい緑色の皮が特徴です。

「青ぶどう」「白ぶどう」とも呼ばれますね。

緑系ぶどうは白ワイン用のぶどうとして作られているもが多く、芳醇な香りとさわやかな甘さがあります。

緑系のぶどうは皮が薄くやわらかい品種が多いため、比較的どんな品種でも皮ごと食べられるものが多いです。

スポンサーリンク

ぶどうに入っている栄養素・効果は?

ぶどうは、あの綺麗な皮と果実の間に栄養が多く含まれており、ヨーロッパでは牛乳のように栄養価が高いことから、「畑のミルク」と呼ばれているそうです。

ぶどうは疲労回復に効果的?

 

ぶどうは、クエン酸、ビタミンA、B1、B2、C等の栄養素は他の果物に比べ平凡なものの、鉄、亜鉛、銅等のミネラルが豊富なのです!

また、体内の余分なナトリウムを体外に排出し、

 

高血圧や心臓病などの生活習慣病予防が期待できるカリウムも豊富に含まれています。

 

さらに、ぶどうには、体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖などの糖質が多く含まれております。

このブドウ糖や果糖などの糖質直接脳の栄養源となります!

また、体内ですばやくエネルギー源となるので、疲労・体力回復にはもってこいの果物ですね!

またこのぶどう糖には、脳の働きを活発にし、集中力を高める効果があります。

ぶどうの栄養素は豊富、皮や種にも含まれる効果って?

 

また、なんといってもぶどうという果物の最大の成分は、豊富なポリフェノールが含まれている事です。

このポリフェノールは、

 

抗酸化の作用を持っており、特に皮や種の部分に多く、これはガンや動脈硬化の予防に効果があるといわれています。

 

さらに、ぶどうにはアントシアニンが、主に果皮に含まれています。

アントシアニンは色素成分で赤ブドウに沢山含まれているそうなんです。

こちらは目の網膜にある細胞の働きを助けて、眼精疲労に効果的に働くと考えられています。

 

目の疲れや糖尿病による目の病気など、視力回復につながる重要な役割を果たす成分として注目されているんですね♪

 

また、ぶどうの種に含まれるリノール酸やオレイン酸をはじめとする様々な栄養成分には、血液中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあると言われています。

また、ぶどうの種に含まれるプロアントシアニジンには血液の流れを改善する効果が期待できるので、むくみ冷えの改善にも良いのです!

ぶどうを使ったオススメの食べ物or飲み物

ぶどうジャム

 

この投稿をInstagramで見る

 

mari⭐(@marimari55happy)がシェアした投稿

材料

  • ぶどう(巨峰がオススメ!) 1房
  • 砂糖 200g
  • レモン果汁 1個分

作り方

まず、ぶどう房から1粒ずつはずし、流水できれいに洗います。

次に、鍋に砂糖と、洗ったぶどうを入れて弱火にし、ゆっくり混ぜます。

そして、沸騰してきたら20分煮込んでいき、その時に、皮が剥けてくるので取り除いていきます。

最後にレモン果汁を入れて、10分煮込んでとろみを出しましょう

煮沸消毒した容器に入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

ぶどうジュース

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tocoton_nがシェアした投稿

材料(2人分)

  • ぶどう(巨峰がオススメ!)1房
  • 水 50ml
  • グラニュー糖 8g
  • レモン汁 小さじ1.5

作り方

まず、ぶどうを房からはずし、洗います。

種のあるものは皮ごと半分に切り、種を取っていきましょう。

次に、鍋にぶどう、水、グラニュー糖、レモン汁を入れ、火にかけます。

沸騰するまで強火で、沸騰した後は、ふたをして弱火で約15分、アクを取りながら煮ていきます。

そして、ザルにあけ、自然にジュースが落ちるまで10分ほど待ちましょう

最後に、落ちてきたジュースを良く冷やし、グラスに氷とジュースを入れ、水か炭酸水自分の好きな濃ゆさになるように割ってください!

ぶどうヨーグルトスムージー

 

この投稿をInstagramで見る

 

paaaki14(@paaaki14)がシェアした投稿

材料(2人分)

  • ぶどう(種なし巨峰がオススメ!) 1房の半分程
  • 牛乳 1カップ
  • プレーンヨーグルト(無糖) 1カップ
  • はちみつ 大さじ1.5

作り方

まず、ぶどうを洗い、皮付きのままミキサーにかけます。

次に、ヨーグルト、牛乳、はちみつを加え、ミキサーで混ぜてなめらかになったらグラスに入れましょう。

まとめ

 

ぶどうには眼精疲労を回復する効果や、視力回復など、主に目に対する健康効果が良いですね♪

現代人はほぼ毎日、目を酷使しています。

テレビやパソコン、スマホなど皆さんの目は疲れ切っている事でしょう・・・

ぶどうを食べて少しでも目の疲れが取れたら嬉しい限りです!

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました