まずは読んでほしい記事3選!
アンチエイジング効果

心身の状態で体内の消化・吸収は変わる?その原因はコ食にあり!

個食アンチエイジング効果
この記事は約4分で読めます。
SNSボタン

みなさんは、食事をとる際に、誰かと一緒に食べていますか?

 

一人でご飯を食べる事が多かったりしませんか?

 

実は、心身の状態で、消化や吸収に必要な消化液の分泌は、心身の状態にとても影響されやすく、うまく栄養を吸収する事が出来なくなってしまいます。

 

そして、この心身の状態に特に影響を与えているのがコ食なんですよね・・・

この記事を読めば

  • 消化・吸収が乱れる原因
  • 様々なコ食についての理解
  • 充分に栄養を吸収するための条件

について知ることができます!

それではまず、体内に消化・吸収が乱れる原因について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

体内の消化・吸収が乱れる原因

体内の、消化・吸収が乱れてしまうと、食材本来の栄養素をしっかりと吸収できずに消化してしまい、極端な話、食事はちゃんと摂っているのに、栄養不足に陥るなんてことにもなりかねません!

 

なので、体内の消化・吸収に必要な消化液を、たくさん分泌する必要があります。

 

しかし、体内の消化・吸収に必要な消化液の分泌は、心身の状態に影響されやすく、最近では「コ食個食・孤食・固食など)」といった食習慣の乱れによる悪影響も指摘されています。

国勢調査によると、近年は単独世帯、2人世帯の増加が著しく、4人世帯の数のピークは1980年、5人世帯は1985年で、その後減少傾向となっています・・・

6人以上の世帯は、もっと早い時期から減少しており、コ食へつながりやすい環境となっているのです!

家族で食卓を囲むなど、コミュニケーションをとりながら食事を楽しむことは、消化・吸収の面でも重要なのですね。

スポンサーリンク

コ食の種類

コ食」には労働環境の変化家族の生活時間帯の夜型化食事に対する価値観の多様化から問題となっているものなど、いくつかの種類があります。

  • 孤食

家族や友人など、誰かと一緒に食事をする機会が減少しているために、家族と一緒に暮らしているにもかかわらず一人で食事を摂ること。

  • 個食

家族で食卓を囲んでいても、食べているものがそれぞれ違うこと。

  • 子食

子供だけで食べること。

  • 小食

ダイエットのために必要以上に食事量を制限すること。

  • 固食

毎日同じ食べ物を食べること。

  • 濃食

濃い味付けのものばかり食べること。

  • 粉食

パンや麺類など、粉からつくられたものばかりを食べること。

などの種類があり、恐らく、ほとんどの人がなにかしらの「コ食」に当てはまっているんじゃないかなと思います・・・

1つも心当たりがない人は、とても素晴らしい環境だと思いますので、大事にしてください♪

必要な栄養をしっかりと吸収できる条件

これらの「コ食」は、栄養バランスの乱れや嗜好の偏りを招くだけでなく

 

コミュニケーション能力の低下、食事のマナーを知らないなど、多くの問題を引き起こす環境要因となってしまいます・・・

 

食べたものの消化・吸収についても同様で、どんなに栄養素のバランスを考えた食事をしても、胃腸の働き、つまり消化・吸収が良好でなければ、摂取した栄養分は、体内に十分に行き渡りません

しかし、消化・吸収の働きは、体調をはじめとする心身の状態や食欲、空腹感などに大きく影響されるため、同じ人が同じものを食べても、日によって消化・吸収の状態が変化します!

また、1日の中でも時間帯によって変化しています。

さらに、美味しさ彩り・香り・食感・鮮度・調理法・温度など)や、食事をする環境時間帯・楽しさ・衛生面・雰囲気・食卓の明るさなど)、たべたものが胃の中で停滞する時間などにも大きく影響されます・・・

 

これらが良好な条件であれば、消化・吸収に必要な消化液の分泌も促進され、摂取した栄養素を十分に体内に取り込むことが可能ですよ♪

まとめ

 

今回は、心身の状態で体内の消化・吸収が変わり、その原因はコ食にあることについて、ピックアップしました!

今回はコ食を主に取り上げましたが、他にも、体調が悪い時や疲れ切っているときなども、同じことがいえると思います。

心身の状態で、体内の消化・吸収は大きく変わってきますので、気を付けておきましょう。

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

SNSボタン

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
たの太郎をフォローする
健康一番!

コメント

タイトルとURLをコピーしました