まずは読んでほしい記事3選!
不眠症予防

【いびき】不眠の陰に潜んでいる恐ろしい病気とは?

いびき不眠症予防
この記事は約5分で読めます。
SNSボタン

あなたは、自分が寝ているときに、いびきをかいているかどうかわかりますか?

友人や、恋人、家族と一緒に住んでいる方なら、いびきをかいたときに教えてくれるかもしれませんが・・・

1人でお住まいの方などは、なかなか自分でいびきをかいているかわからないですよね?

しかし、もしいびきをかいているなら要注意

いびきは、あなたが思っている以上に恐ろしい病気への引き金になっているかもしれません・・・

この記事を読めば

  • いびきの怖さ
  • 日中に眠気が出ると危険な理由
  • 持病が多いと不眠になりやすい理由

について知ることができます!

それではまず、命に係わる事もあるいびきの怖さについて、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

命に関わることもある怖いいびき

病気によって、睡眠不足や、不眠が起こっていることがあります。

このような場合は、隠れている病気に気付き適切な治療を行うことが、必要です。

睡眠を妨げる病気として、代表的なものが、睡眠時無呼吸症候群、という病気です。

皆さんも名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

症状としては、大きないびきとともに、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。

 

睡眠中に呼吸が止まるのは考えるだけでも恐ろしいですよね・・・

日本での潜在的な患者数は、約200万人以上と推定されていますが、そのうち実際に治療している人は、その1割程度と言われています。

 

睡眠時無呼吸症候群の人は、睡眠中の呼吸をしている時は、大きないびきをかき、無呼吸になるといびきも止みます。

 

数十秒後に呼吸が再開して、再びいびきをかき始めます。

これを1晩飯に何度も繰り返してしまいます・・・

無呼吸の間は、身体が低酸素状態になるので、そのたびに脳が防衛的に目覚めて、呼吸が再開されます。

そのため、熟睡できず睡眠不足に陥ってしまいます。

 

睡眠不足が続くと、「日中の耐えられないほどの眠気」や「倦怠感」「起床時の頭痛」「うつ状態」が現れ、日常の作業に支障が出ることも少なくありません。

 

居眠り運転によって、交通事故を起こすリスクが上がる、というデータもあります。

また、重症化したまま放置していると、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくします・・・

睡眠時無呼吸症候群は眠り出すと呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まると血液中の酸素濃度が低下するため、目が覚めて再び呼吸し始めますが、眠り出すとまた止まってしまいます。
これを一晩中繰り返すため、深い睡眠がまったくとれなくなり、日中に強い眠気が出現します。酸素濃度が下がるため、これを補うために心臓の働きが強まり、高血圧となります。酸素濃度の低下により動脈硬化も進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。さらに睡眠不足によるストレスにより、血糖値コレステロール値が高くなり、さまざまな生活習慣病やメタボリック・シンドロームがひきおこされます。

引用:睡眠時無呼吸症候群 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

スポンサーリンク

日中の眠気がサイン

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に起こるため、自分では気づきにくい病気です。

そのことが、潜在的な患者数に対して、治療を行なっている人が、少ない原因と考えられます。

受診した人は、家族など、近くで寝ている人に、大きないびきを指摘されて、気づいたというケースが1番多いようですね。

 

大きないびきを指摘されたことがある人は、呼吸器内科や耳鼻咽喉科、睡眠専門外来、精神科などを受診しましょう!

 

一定以上の大きな音を、感知して録音することができるスマートフォンのアプリや、ICレコーダーなどを使えば、自分でいびきの有無を調べることもできます!

いびき以外に、「日中の耐えられないほどの眠気」「全身の倦怠感」「夜間頻尿」「寝ている間の呼吸困難感」といった症状も睡眠時無呼吸症候群のサインとなります。

これらの症状は自分でも気づくことができます!

思い当たる症状があれば1度病院を受診してみたほうがいいでしょう。

 

また肥満のある人は、睡眠時無呼吸症候群が起こりやすいので、特に注意が必要です。

 

喉に脂肪が蓄積しているため、仰向けに寝たときに、気道が塞がりやすいのです・・・

顎が小さかったり、後退している人も、気道が狭くなりやすい傾向にあります。

持病が多い人ほど不眠になりやすい

寝床に入ると足がムズムズして眠れなくなる「レストレスレックス(むずむず脚)症候群」や、睡眠中に、足がピクピクと動き目が覚めてしまう「周期性四肢運動障害」なども不眠の原因になります!

うつ病や、女性ホルモンの変調、薬の副作用が、不眠を引き起こすこともあります。

また、糖尿病高血圧といった、生活習慣病、逆流性食道炎、がん、パーキンソン病なども、不眠につながりやすいことがわかっており、これらの病気の数が多いほど、睡眠に関する問題を抱えていると言う報告もあります。

睡眠の悩みがあれば1人で苦しみを抱え込まず、専門家になるべく早く相談してください!

 

医療機関では、隠れている病気の有無を調べ、病気があれば、その治療を行います。

 

不眠のタイプを調べ、生活習慣の改善指導や、睡眠薬による治療などが行われます!

まとめ

 

今回は、いびきが引き起こす恐ろしい病気について、ピックアップしました!

いびきは、自分一人だとなかなか気づかないものです・・・

そもそも、いびきなんてたいしたもんじゃないと、気にもしない人が非常に多いです。

とても危ない考えですね。

いびき・睡眠の悩みが続くようなら、医療機関を早めに受診しましょう!

スポンサーリンク

ここまで読んで頂きありがとうございました!

SNSボタン

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
たの太郎をフォローする
健康一番!

コメント

タイトルとURLをコピーしました