ココナッツを使った食べ物・飲み物、栄養や効果をご紹介!

ココナッツを使った食べ物・飲み物、栄養や効果をご紹介!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪
今回は、ココナッツについて見ていきましょう!

ココナッツについて

ココナッツとは、ヤシ科の高木に実る果実で、殻が分厚く、大きい種子が中にあることなどが特徴です。

ココナッツは、ジュースやオイルミルクやパウダーとして利用されています。

また、ココナッツは環境にやさしいと言われ、生活用品やアクセサリーの材料にも使用されています。

ココナッツの種類を大まかに分けると、完全に熟れる前のマプラーオ・オーンは中の果肉部分(固形胚乳)の色が薄いのが特徴の物と、熟れきったものプラーオ・ゲーがあります。

東南アジアや中南米の代表的なフルーツとして知られているココナッツの収穫は、1年中可能です。

しかし、3~5月にかけては果汁が特に甘みを増します

ココナッツは市販される前に、繊維質の皮を取り除かれる場合が殆どです。

ココナッツは、中にある液状胚乳を飲むことができます。

この液状の胚乳は、未熟胚乳で、ココナッツウォーターと呼ばれるものでココナッツジュースとして飲まれたり、ナタデココの原料にもなります。

ココナッツは、食べる以外にも外側の線維をたわしやロープ、マットにしたり、硬い殻はアクセサリーや食器などになります。

その他にも、食器洗剤や、活性炭などに利用されたりもしています!

ココナッツを使った食べ物・飲み物

ココナッツミルク

 

ココナッツミルクはココナッツの熟して固くなった固形胚乳を削り、それを煮出したものを絞って取り出した液体です。

ココナッツの液体と言うことでそれだけを聞くとココナッツを割った時に中に入っている物を想像しがちかと思いますが、あちらはココナッツジュースと言うまた別の物になります。

このどちらも食品として売られている商品は殆ど甘い味もしますが、ココナッツから取り出した段階では特別甘いと言うこともなく、あの味の殆どは後付されてついた物で、見た目やイメージに反して、実はそんなに甘い物でないと言うのも特徴と言えますね。

ちなみにこのココナッツミルクを更に生成し、油脂分だけを取り出した物がココナッツオイルです。

ココナッツウォーター

 

ココナッツウォーターは、成熟したココナッツの中に蓄えられたお水のことで、ジュースではありません

また、タイ料理やベトナム料理などで出されるココナッツミルクとも違います。

ヤシの実を割ったときにあふれるお水がココナッツウォーターになります。

自然の恵みが植物の力で凝縮されているため、多少エグみや飲みづらさを感じる方もいるかもしれません。

そのため、市販のココナッツウォーターの中には、砂糖を加えることで飲みやすくしている場合もあります。

ココナッツオイル

 

ココナッツオイルは、従来日本人が使ってこなかったオイルです。

健康志向の高い人たちが最近になって使い始めました

しかし、ココナッツ、ココナッツオイルを昔から当たり前に使ってきた国や地域の人たちがいます。 

例えば南太平洋地域、トケラウ諸島の人々はカロリーの60%をココナッツから摂っていますが、非常に健康的で、心臓病は一般的ではないということが研究で分かっています。

また、パプアニューギニアのキタバ島の人々はイモ、果物、魚、ココナッツ中心の食生活ですが、この人々の間でも、脳卒中や心臓病は非常に少ないことが分かっています。

ココナッツフレーク

 

いま巷でじわじわと人気を見せているココナッツフレークですが

ミランダ・カーなどの海外セレブたちがココナッツウォーターを愛飲しているのは知られています。

ココナッツフレークも海外セレブたちに人気なのです!

すでにヨーグルトに入れて楽しんでいる女性も多いかもしれません。

ミランダ・カーやマドンナもココナッツフレークを常食しているそうです。

Advertisement

ココナッツに含まれる栄養素・効果

中鎖脂肪酸

 

中鎖脂肪酸は肝臓で直接分解されるため、エネルギーへの変換の早さにおいて優れていると言われています。

ココナッツの固形胚乳を原料として作られるココナッツオイルやココナッツミルクのように、中鎖脂肪酸が多く含まれているものは、体内での燃焼効果が高く、脂肪として蓄積されにくいのです。

このため、肥満予防や体脂肪の減少につながる効果が期待できるとされ、ダイエット食品としての注目が集まっているのです。

脂肪が気になるという人は、ぜひ摂取してみてください♪

ケトン体

 

中鎖脂肪酸を摂取する際に生成されるケトン体という物質には、活性酸素を除去する作用があると言われています。

活性酸素とは老化の原因とも言われており、働きが活発になるほど、老化や血液の循環に影響が出ます。

ケトン体で活性酸素を除去できれば、老化現象の防止や認知症の予防にもつながるとされており、さらに、抗酸化効果をもつビタミンEも含んでいるため、アンチエイジングへの効果も期待できます。

ナイアシン

 

ココナッツには、ナイアシンという栄養が含まれていることも覚えておきましょう。

ナイアシンはアルコールの代謝を促す作用がある栄養のため、二日酔い防止に効果があります。

さらに、ナイアシンは皮膚や粘膜を健康に保つ効果や補酵素として三大栄養素の代謝を促す働きもあります。

葉酸

 

ココナッツは、葉酸を摂取できることも特徴のひとつと言えます。

葉酸は、細胞内のDNAやタンパク質の合成を助けて、胎児の先天異常を防止する効果のある栄養です。

また、血液の赤血球を作る働きもあり、貧血予防の効果も高いため、葉酸は妊娠中に限らず女性が多く摂りたい栄養です。

ボディケア用のココナッツオイル

ココナッツオイルは抗酸化作用と保湿作用が優れ、お肌の再生を促進させてくれるため、美肌アンチエイジングにぴったりです。

また紫外線カット、日焼け後のお肌のお手入れ、ニキビケアにも効果あり、お勧めです。

自然で優しい甘い香りがします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はココナッツについてご紹介いたしました!

ココナッツと言っても色々と使い方、用途があります。

食事にも使えますし、ボディケアとしても使えるのでとても便利な物ですね!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

ココナッツカテゴリの最新記事