【キャベツ】ダイエットのやり方、栄養や効果について解説!

【キャベツ】ダイエットのやり方、栄養や効果について解説!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪
今回は、キャベツについて見ていきましょう!

キャベツについて

 

日本では一年を通じて栽培されていますが、大きく分けると4~6月7~10月11~3月の3回の収穫期があります。

出回る時期によって種類が変わります。

キャベツの種類

春キャベツ

 

おもに4~6月に出回っています。

新キャベツ、春玉として売られていることもあり、巻きがゆるやかで、球の中心に近い葉も緑色を帯びています。

葉が柔らかいので、サラダや即席漬けなどの生食向きで、もっともおいしくなる時期は5月ごろです。

冬キャベツ

 

11~3月にかけて出回っています。

中でも寒玉ともよばれるものは、甘みがあるのが特徴で、葉が堅く煮くずれしにくいため、ロールキャベツなどの煮物に向いています。

寒さのきびしい2月ごろが食べどきでおいしくなります。

夏秋キャベツ

 

7~10月に出回るキャベツで、葉が柔らかいのが特徴です。

群馬県、北海道、長野県などの高度が高く、寒い地域で作られたものは、高原キャベツとも呼ばれます。

おいしいキャベツの選び方

 

葉と葉の間にすき間がなく、葉の巻きがしっかりとしているものがおいしいと言われています。

一玉買う場合は、軽く押して巻き具合を確認してみましょう。

カットしてあるものはカット面を見て、芯が上まで伸びていないものを選びましょう!

持ち上げてみて、ずっしりと重いものを選ぶのも良いですよ♪

Advertisement

様々な栄養と効果について

 

キャベツを食べることで注目したい効果の一つに、美肌効果があります。

キャベツと美肌は結びつきづらいのですが、実は野菜の中ではビタミンCがとても豊富なのです!

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、お肌などの老化を防ぐ効果もあります。

更にメラニン生成やできたメラニンを取り除く効果があるため、美白効果も期待できるのです!

お肌を作る元である、コラーゲンの生成にはビタミンCは欠かせませので、毎日しっかりキャベツを食べることで、自然と美肌に近づく事になるのです!

胃腸を保護してくれる

 

栄養素のなかに、見慣れないビタミンUというものがありますよね?

これは別名キャベジンという成分で、胃腸の粘膜保護や肝機能改善を促す効果のある成分です。

そのためお酒を飲む前にキャベツを食べると、胃腸を保護して二日酔い防止にもつながりますよ♪

またビタミンKには傷を治りを早める効果があり、弱った胃腸の粘膜を回復するのに役立つ効果もあります。

切り傷などの外傷の回復も早めてくれるので、胃が痛い時や転んだ時には積極的に食べたいですね。

むくみ改善と高血圧予防にも効果的!

 

キャベツに含まれるカリウムには、血中の余分なナトリウムを体外に排出する効果があります。

ナトリウムは塩分の一種で、この濃度を適度に保つことは高血圧や動脈硬化などの予防にもなります。

またナトリウムは余計な水分を保持しやすい特徴があるため、排出することでむくみ改善にも繋がるんですね。

キャベツによるダイエットのポイント

キャベツダイエットは、6分の1個分のキャベツを食事前に食べるだけの簡単な方法です。

ただし、やり方にはいくつかのポイントがあります。

まず、キャベツは千切りなど細かく切るのは避け、5センチ角のざく切りにしましょう。

こうすることで、食べ応えがあり噛む回数が増え、自然とその後の食事の量を減らすことができます。

また、10分程度時間を掛けて食べるようにしましょう。

キャベツダイエットでは、噛む回数を増やすことで食欲を抑えるため、早食いをしては意味がありません。

なお、キャベツを食べる時は、何もかけないかノンオイルドレッシングを使用するようにして下さい。

そもそもキャベツダイエットとは、食事の前にキャベツ1/6個を食べることで、低カロリーのキャベツでお腹を満たし、食事の量を減らすことができるダイエット方法です。

生のキャベツはサラダなどで食べたこともある人が多いと思いますが、食物繊維が多いためシャキシャキとした食感で噛み応えがありますよね。

キャベツダイエットではそんなキャベツの特徴を生かし、よく噛むことで満腹中枢が刺激して満腹感を得ます

そのため、キャベツは千切りよりもザク切りにした方が、ダイエット効果を高めることができます。

また、キャベツを食べる際にはドレッシングは使わず、そのままで食べるようにしましょう。

市販のドレッシングは糖質が多く含まれているので、せっかくキャベツでカロリーを落としても意味がなくなってしまいます。

なお、理想は毎食前にキャベツを食べることですが、それだと飽きて挫折してしまいそうという方は無理はせず、まずは一食のみ食事の前にキャベツを食べるようにしてみましょう。

生のキャベツが苦手という方は茹でてもよいですが、しなしなになるまで茹でてしまうと噛み応えがなくなってしまうので、キャベツダイエット本来の効果が薄れてしまいます。

注意して下さいね!

保存方法

キャベツを丸ごと保存する場合

 

最初に芯をくりぬきます。

そこに湿らせたペーパータオルなどを詰め、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ入れます。

芯から水分が補給され、ある程度みずみずしさを持続できますよ!

細菌の繁殖を防ぐためにペーパータオルは2~3日で取り替えてください。

この状態で冷蔵庫の中に保存してもキャベツは成長しつづけるので、なるべく早く食べきりましょう。

半分にカットされたキャベツを保存する場合

 

ラップに包まれている場合、そのままでは呼吸ができずに早く傷んでしまいがちなので、必ずビニール袋に入れ替えてから冷蔵庫で保存しましょう!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はキャベツについて紹介してみました!

胃腸薬とかでよくあるキャベジンはキャベツに入っているビタミンUの名称だったんですね!

ここからわかる通り胃腸の保護や二日酔いなどにはよく効きます♪

ダイエットにも効果的などで是非積極的に摂りたい野菜ですね!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ここまで読んで頂きありがとうございました!

キャベツカテゴリの最新記事