【青汁】ペコさんオススメのフルーツ青汁でダイエット、効果的な飲むタイミングはいつ!?

【青汁】ペコさんオススメのフルーツ青汁でダイエット、効果的な飲むタイミングはいつ!?
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪
今回はフルーツ青汁について見ていきましょう!

フルーツ青汁とは?

 

私たちの身体は、毎日食べたものから作られています。

健康な身体の維持にはバランスのとれた食事が必要不可欠ですが、食習慣の変化などで現代人は野菜が不足していると言われたています。

そこで注目されているのが青汁です。

野菜不足を手軽に補え、ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり摂れる青汁なのですが、昔は、健康のためだから、おいしくなくてもしかたないと割り切って飲んでる方が多かったようですね。

でも、おいしくないと飲むことがストレスになってしまい、健康効果も期待出来ません。

フルーツ青汁は、これまでの常識を覆し、毎日飲むものだからこそ、味にとことんこだわった飲み物です。

野菜嫌いの方にもおいしく飲めるよう、フルーツジュースのようにすっきり爽やかな味わいを実現した青汁なのです。

苦い、まずいなど青汁のイメージを払拭し、フルーツ味で子供から大人まで飲みやすい商品になっています♪


青汁を飲むタイミング

 

フルーツ青汁は、お薬ではなく、健康食品です。

ですから、食前、食後といった特に決まった飲み方はありません。

朝、昼、夜、いつ飲んでもOKです!

でも、どうせ飲むなら少しでも効果的になる飲み方をしたいですよね?

その健康効果やダイエット効果を最大にするためには、飲み方とタイミングが大切なのです。

食前に飲む場合

 

フルーツ青汁をいつ飲むかは、何のためにフルーツ青汁を飲むかによって少し変わってきます。

フルーツ青汁をダイエットのために利用するのであれば、食前に飲む方が効果的です!

食物繊維がたっぷり含まれているため、食前に飲むことで空腹感をおさえ、食べ過ぎを防ぐことができます。

置き換えて飲む場合

 

ダイエットとしてフルーツ青汁を利用するなら、食前に飲むだけでも効果がありますが、さらに効果を得るためには、置き換えダイエットを行うのもおすすめです。

置き換えダイエットというのは、朝食や夕食1食分をフルーツ青汁に置き換えるダイエット方法です。

食後に飲む場合

 

ダイエット効果ではなく、健康のためにフルーツ青汁を利用する人は、食後に飲むのも良いと思います。

それは、フルーツ青汁には、乳酸菌も含まれているからです。

乳酸菌は胃酸に弱いため、口から摂取しても生きて腸まで届きません

フルーツ青汁に含まれる乳酸菌は、特別に選定された乳酸菌を配合しているので、腸まで生きて届きやすくなっています。

しかし、それでも、できるだけ乳酸菌が胃酸で死んでしまわないようにしたいですよね?

そのためには、食前よりも、胃酸の分泌量が低下する食後のほうが良いということになります。

朝からスッキリしたい方には

 

朝起きた際に、毎日スッキリできないことで悩んでいる人は、朝起き抜けにコップ1杯の水を飲むことで、胃腸を目覚めさせることができるといいます。

その水の代わりにフルーツ青汁を飲めば、食物繊維も一緒に摂れますからより効果が期待できます♪

私たちは、眠っている間も汗をかいています。

ですから、朝起きたばかりというのは水分補給が必要なのです。

そのため、朝起きてすぐフルーツ青汁を飲むと体の水分補給も同時にでき、デトックス効果も期待できるというわけですね。



Advertisement

血液がサラサラに?

 

ある程度の年を経るにつれて、血液がサラサラなのかドロドロなのかというのは、健康について気になってくることのひとつではないでしょうか。

血液の状態がサラサラかドロドロか、というのは、人間の身体の中を縦横無尽に通っている血管の中にある物質の、赤血球や白血球、血小板といった物質が、太い血管、細い毛細血管すべての血管で、問題なく流れている血液の流れの状態を指している言葉です。

毛細血管は血管の中の99パーセントを占めています。

髪の毛の14分の1と言われているほど非常に細いもので、血液の中の物質は細胞のひとつずつに食べ物から吸収した栄養分や酸素を運び入れています。

さらに、不用となった二酸化炭素などの老廃物を持ち出す運搬の機能もあり、体温を調節する機能や身体の中に入ってくる細菌を捕まえたりするといった重要な役割があります。

血液がドロドロになるということは、血液がスムーズに流れなくなってしまうために、白血球がねばねばした状態になり、血小板が凝集してしまうことから起こります。

そして毛細血管のすみずみまで栄養や酸素が渡らなくなってしまいます。

血液がドロドロになってしまう原因としては、睡眠が不足したりストレスがたまったり、アルコールの摂りすぎなどといった、生活習慣の乱れなどが考えられます。

血液がドロドロになると、生活習慣病が起こる要因となります。

血液をサラサラにするためには、生活習慣を見直すことがもっとも大切です。

青汁には、高い抗酸化の効果がある物質が含まれているため、血液をサラサラにしてくれます。

青汁とトマトジュースの組み合わせ、美味しいの?それとも・・・

トマトジュースに含まれている、リコピンの健康効果と美容効果はかなり優れています。

リコピンは赤い色素成分で、強い抗酸化作用を持っている成分で、病気や老化の原因となる活性酸素を撤去する抗酸化パワーが強いことはご存知の方も多いと思います。

その効果により、紫外線からお肌を守ってコラーゲンが減少するのを防ぐ役目、保水機能を高める役目がありシワを予防することができます。

また、悪玉コレステロールの酸化防止にも効果があったり、ダイエット効果もありますのでトマトジュースを飲んでダイエットをしている方も多くいるでしょう♪

リコピンの欠点は、一定量以上は体内に蓄積できませんので毎日摂取しなければいけないという点です。

青汁も健康に良く、毎日摂りつづけなければいけない飲み物で、ビタミンミネラル食物繊維が豊富な飲み物です。

飲み続けることにより、便秘が解消されたり、肌荒れがなくなったり、疲れにくい体になるなどの効果があります。

青汁に入っていない栄養素、トマトジュースに入っていない栄養素、足りない栄養をお互い補いあい、より健康効果と美容効果を高めることができるのです♪

特にフルーツ風味の青汁はトマトジュースと混ぜてもおいしく飲む事ができます!

もし、少しでも試してみようと思っていただけたのなら一つ注意点があり、それはトマトジュースは無塩青汁は国産原料を使用した無添加のものを選ぶという事です!

トマトジュース×青汁を飲むタイミングですが朝と就寝前がオススメです♪

朝飲む事でリコピンやその他の栄養素を効果的に摂り入れることができ、夜飲む事で、食物繊維などの影響で腸をキレイにすることができるのです。

効率よく効果的に美容と健康を手に入れたい方は是非、トマトジュース×青汁をお試しください!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はフルーツ青汁についてまとめてみました!

最近の青汁はいろんな味が出てきましたね~♪

昔は苦い味がする青汁しかなかったのですが、抹茶風味やフルーツ味といった子供から大人まで美味しく飲めるように工夫されているんですね!

それだけ青汁を飲む方や、健康に気を付けている方が多いという事でしょう!

私も昔ながらのあの苦い味は苦手でした(笑)

ですが健康にいい!ということで無理やり飲んでた記憶があります・・・

皆さんも是非健康、美容のために青汁を飲んでみてはいかがでしょうか!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

青汁カテゴリの最新記事