【チーズ】種類や栄養について検証、実は美容にも効果アリ!?

【チーズ】種類や栄養について検証、実は美容にも効果アリ!?
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回はチーズについて見ていきましょう!

 

みなさんチーズはお好きでしょうか?

ピザにパスタ、ドリアにお菓子に、チーズフォンデュ♪

私たちの生活に欠かせない美味しい食材ですよね!

しかし、私たちはそんな普段お世話になっているチーズのことを,

本当に一部しか知らなかったのかもしれません。

チーズについて

 

チーズの種類を大きく分類するとナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類です。

ナチュラルチーズは加熱処理を加えていない、

まだ発酵が進んでいるチーズのことで、

プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱し再度固めたチーズの事です

それぞれにメリットデメリットがあり、一番は味の変化です。

ナチュラルチーズは加熱処理をしていないので発酵に必要な菌がまだ存在しており、

冷蔵庫で保存していても発酵が進み味が変化していきます。

もちろん、種類によってその変化具合は異なりますが、

プロセスチーズにはそれがありません。

さまざまなナチュラルチーズの種類

 

国境を越えればチーズが変わるといわれるように、

ナチュラルチーズは種類が多く、分類方法はいろいろありますが、

代表的なチーズについて見ていきましょう!

カビを利用したチーズ

 

カマンベール、ブルーチーズはカビを利用した食品の代表です。

これらのチーズに利用されるカビは、食べても害がないばかりでなく、

チーズの中のたんぱく質や脂肪をよく分解し、

独特の風味や組織をつくり出すのになくてはならない存在になっています。

白カビタイプ

チーズの表面に白カビを植えつけて熟成させています。

カマンベール、ブリー、馬蹄形のバラカなどのチーズがその代表です。

いずれもたんぱく質を分解する力の強い白カビが、

表面から中心に向かって熟成させていき、表面は白いカビで覆われ、

内部は黄色がかったクリーム状のチーズになります。

青カビタイプ

青カビは内部に青緑色の大理石状の縞模様をつくり、鋭い刺激性のある風味が特徴です。

他のタイプのチーズと違い、中心から外側へ熟成が進みます。

これらのカビとは別に、ご家庭の冷蔵庫などで保存してる際に、表面に生えてしまう、

黒やオレンジ色のカビを見たことはありませんか?

このカビはチーズ本来の品質や風味を低下させてしまいます。

目に見えないカビの胞子が中まで入っていることもあるので、これらの新たなカビの生えたチーズは食べないようにしてくださいね!

Advertisement

フレッシュチーズ

 

ナチュラルチーズの一種で、熟成していないものを一般的にフレッシュチーズと呼んでいます。

水分が多くやわらかく、味や匂いにクセがないので、そのまま食べることが多いのが特徴です。

代表的なものを次にご紹介致します♪

カッテージチーズ

 

牛乳(脱脂乳)を乳酸菌で発酵させて固めます。

粒状タイプと裏ごしタイプがあります。

脂肪が少ないのであっさりしているのが特徴です。

クリームチーズ

生乳を乳酸菌発酵とレンネット凝固させ、クリームを加えてつくります。

口あたりは滑らかで、ほのかな酸味があり、比較的脂肪が多いチーズです。

パンに塗ったり、チーズケーキによく使われています♪

モッツァレラ

本来は水牛の乳からつくりますが、現在は牛乳が主流になっているようです。

見た目は豆腐によく似ており、モチッとした食感があります。

酸化を防ぐため水に漬かった状態で売られているものが多く、

オードブルやサラダに使われています。

モッツァレラは加熱するとよく伸びますのでイタリアンピザなどに使われていますよ!

マスカルポーネ

クリームを加熱しながら酸で凝固させてつくります。

クリーミーなおいしさで、菓子類によく使われます。

こちらのチーズはティラミスの原料に使われているチーズなのです。

クワルク

 

ヨーグルトに似たクセのないおだやかな味わいが特徴です。

ドイツなどでは割と一般的に食べられているチーズで、

脂肪が少ないため、デザート、ケーキ、ドレッシング、

もちろんそのまま食べたりなど、さまざまな料理にも使われています。

フロマージュ・ブラン

フランスでは一般的なチーズで、真っ白なチーズという意味です。

牛乳に凝乳酵素を加えて固め、水分を切っただけのチーズです。

パンに塗ったり、甘味を加えてデザートとして使われます。

形態や食感はヨーグルトによく似ています

チーズの栄養素

チーズの栄養は牛乳の10倍!

もともと栄養豊富な牛乳を原料にしたチーズには、牛乳の栄養成分が濃縮されています。

チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000ml

つまりチーズを10g食べると、

牛乳100mlを飲むのとほぼ同じ程度の栄養を摂取できるというわけです。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べられ、

さらに妊娠中や授乳期のお母様にもお勧めです。

ただし、チーズはビタミンCと植物繊維、鉄分だけは不足していますので、野菜や果物と一緒に食べるのか良いでしょう♪

チーズごとの栄養の特徴

 

ナチュラルチーズは原料乳の種類や製造方法でさまざまな種類があり、

栄養成分もそれぞれ異なります。

日本人に不足しがちな栄養素にカルシウムがありますが、

ナチュラルチーズもプロセスチーズもカルシウムを多く含んでおり、その吸収率も素晴らしいものです♪

特にパルメザンなど硬いチーズはカルシウムやたんぱく質が多く、
山羊や水牛の乳から作ったチーズは牛乳に比べ脂肪が多く含まれているという特徴があります

健康と美容への影響

チーズは健康にも美容にもうれしい食品です。

例えば年齢を重ねると、どうしても骨密度が減少し、

骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症にかかりやすくなります。

従って若いときから意識してカルシウムを多くとることは重要なのです。

チーズにはカルシウムが多く含まれているので、

カルシウムを摂取するには最適な食品といえるでしょう。

カルシウムの吸収率は他の食品に比べて高いので、
カルシウムを摂取するならチーズが効率がいいですよ♪

またチーズにはビタミンAやビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、

ビタミンBには細胞の成長を促進させ、素肌をイキイキと保ってくれる働きがあります。

これらのことからチーズには美肌効果があるといわれているのです!

Advertisement

まとめ

 

いかがでしたか?

今回はチーズについてピックアップしてみました♪

チーズは個人的に大好きで、

お家でピザやドリアを食べる時は市販で売られているチーズを割り増しして食べてます♪

現代人はイライラする人が増えているみたいなのでみなさんチーズを食べてカルシウムを摂り、

イライラを無くしましょう!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

チーズカテゴリの最新記事