【糖尿病】どんな症状なの?予防や治療を解説!

【糖尿病】どんな症状なの?予防や治療を解説!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回は糖尿病について見ていきましょう!

糖尿病という名前は誰でも一度は聞いた事があるかと思います。
しかし実際、詳しく知っている方はなかなかいないのではないでしょうか?

糖尿病は誰でも襲いかかる病気です

詳しく知っているのと知らないとでは人生に大きく関わってくるかも知れません。

しっかりと学びましょう!

糖尿病とは

 

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です

インスリンとは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

ブドウ糖は、米やイモ類などの炭水化物、砂糖や果物に多く含まれる糖質の一種で、これらを摂取すると胃や腸でブドウ糖に分解されて、小腸から血液中に取り込まれます。

血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(合併症)につながります。

また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります。

糖尿病の原因

 

糖尿病の原因はいったい何なのでしょう。

糖尿病は大きく4つに分類されます。

1型糖尿病

 

1つは1型糖尿病と呼ばれるインスリン非依存型です。

肥満が理由で発症する人はほとんどがこのタイプですね。

このタイプは膵臓からインスリンが分泌されるのですが、身体の中で十分に作用しない状況が作られ、そのために血糖の調整がうまくいかずに糖尿病になります。

またインスリンの分泌そのものもある程度障害を受ける場合が多いようですね。

2型糖尿病

 

もう1つは膵臓からのインスリンの分泌が、ほとんどなくそのために血糖が極めて高くなる2型糖尿病です。

インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。
おもに中高年以降にみられますが、若年発症も多く、ウィルス感染などを契機に起こる場合もあります。

インスリン依存型糖尿病とも言われています。

このタイプはインスリンが身体に不足していますからインスリンを注射で補わなければなりません

妊娠糖尿病

 

妊娠中に初めて発見または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常のことをいいます。

妊娠中はわずかな高血糖でも胎児に影響を与えるため、糖尿病ではなくても妊娠糖尿病と呼びます。

妊娠中に胎盤が作るホルモンが、インスリンの働きを抑える作用もあるため、十分なインスリンが作られない場合に血糖が上昇します。

肥満、高齢妊娠、家族に2型糖尿病患者がいる、過去の妊娠で高血糖を指摘された場合に起こりやすいとされています。

その他の糖尿病

 

その他にも遺伝的なものであったり、病気や薬の影響からなる糖尿病も存在します。

Advertisement

症状

 

糖尿病は初期の段階では、自覚症状がほとんどなく、
糖尿病によって何かの症状が現れたときには、すでに血糖値が高い状態であると考えられます

糖尿病を悪化させないためには、健康診断などで早期発見が一番の近道です。

その結果、早期治療でに繋がるのです。

具体的にどのような症状が現れた場合、糖尿病を疑えばいいのか。

それは以下のような症状が現れた場合です。

トイレの回数、尿の量が増える

 

血糖値が上昇すると尿の量が増えるため、トイレに行く回数が多くなってしまいます。

トイレが近いなぁ、と思ったら糖尿病を疑ってみるといいかもしれません。

また、高血糖の状態が続くとブドウ糖を多く含む尿が排せつされるようになり、

尿が泡立ったり白く濁ったりしているのが特徴で
甘い臭いがします。

トイレに行く際は、尿の変化をチェックしてみると良いと思います。

のどが渇く

 

トイレに行く回数が増えると、体内の水分が早く減少することになり、その結果として水分を補おうとするため、のどが渇くようになるのです。

水分をたくさん補給したからトイレの回数が増えたと考えず、
いつもより水分を多く取っていると感じたら糖尿病を疑うことが大切です

体が疲れやすい

 

糖尿病によってブドウ糖をエネルギーへ変えにくくなると、正常な身体活動が難しくなってしまいます。

そのため、体がだるくなったり、疲れたりなどの症状が現れるようになります。

集中力が低下したり、うつに近い症状が現れたりすることもあります。

食べているのにやせる

 

糖尿病を患うと、インスリンの分泌量が減ったり十分効かなくなったりします。

その結果、食べたものに含まれるブドウ糖をエネルギーに変えることが難しくなり、食べてもエネルギーを十分確保できなくなってしまいます

その結果、筋肉や肝臓などに貯蔵するグリコーゲンを分解してエネルギーとして利用し始めるので、体が徐々にやせていくのです

糖尿病が進行すると命の危険も

 

この様な症状が現れたとき、糖尿病がすでに進行している可能性があります。

特に糖尿病が原因でやせたとき、ケトン体と呼ぶ物質が血液中に増えて、血液が酸性となりアシドーシスという状態に陥ることがあります

アシドーシスになると意識障害を起こし、場合によっては命を落とす危険もあります。

Advertisement

糖尿病の治し方

 

まず病院に行くのは大前提です

しっかりと病院で治療を受けてから、普段の生活での治療になります。

では、糖尿病治療の基本でもある、運動療法と食事療法の2種類を紹介したいと思います。

運動療法

 

運動療法がなぜ良いのかというと、2型糖尿病のおもな原因は、肥満、過食、運動不足によるものが多いからです。

運動を毎日続けていると筋肉の活動量が上がるので、インスリンの働きも改善していきます。

さらに食後1時間頃に運動をすると、
ブドウ糖や脂肪酸の利用が促されて血糖値が下がるという効果もあるのです!

1型糖尿病は、インスリンをつくりだす細胞が壊れてしまっているため、運動によるインスリンの機能自体の回復という治療としての効果は望めません。

ですが、1型糖尿病も2型糖尿病と一緒で、運動した結果、外から補給しているインスリンの働きを高めることができるので、運動は毎日やりましょう!

運動量はどれくらい?

 

消費エネルギーの目安としては、だいたい160~240kcalの消費が良いとされています
これは歩いて約1万歩の計算です
時間の目安としては1回につき15~30分間、1日2回行います

これは毎日やる必要はないので自分のペースにあった歩行運動をしましょう!

少なくても週に2〜3回くらいで良いと思います。

歩行運動は、体力や年齢にあわせて歩き方やスピードを変えることができます。

なので、通勤、通学、買い物など、無理のないように歩きましょう!

食事療法

 

糖尿病の食事療法では食べてはいけない食品はありません

糖尿病食は、いわば健康食です。

1日に必要なエネルギー量を理解し、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルを過不足なくとることが大切です。

そのためには、積極的に食品交換表を利用して栄養バランスのとれた献立にし、バランスのよい栄養摂取を心掛け、バラエティーに富んだ食生活をしていきましょう。

1日に必要なエネルギー量は患者さんによって異なります!

注意点としては

 

・エネルギーの取りすぎに注意すること!
・1日30品目以上を食べること!
・1日3回必ず規則正しく食べましょう!

と、基本的な事はこのような感じなのですが、

詳しくは主治医と相談して決めるのが一番です!

まず一番最初に必ず主治医の指示を仰いだ後に、上記で説明した事を実践するようにしましょう!

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は糖尿病について書いてみました!

糖尿病はみなさん誰にでも降りかかる病気です。

一度かかってしまうと簡単には完治しません。

そのため、適度な健康診断を受け早期発見に努めるのが一番です。

もし万が一糖尿病になってしまった場合でもしっかりと主治医の指示を仰ぎ治療していきましょう!

指示通り治療を行えばきっと完治するはずです♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

糖尿病カテゴリの最新記事