【ほうれん草】栄養と健康について調べた結果!凄い栄養が!?

【ほうれん草】栄養と健康について調べた結果!凄い栄養が!?
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回はほうれん草について見ていきましょう!

ほうれん草は総合栄養野菜と呼ばれるほど栄養豊富なお野菜です。

野菜のことをそんなに詳しくない人でも、その栄養価の高さは何となく知っているって感じではないでしょうか?
赤ちゃんの離乳食にもよく利用されるホウレン草は、幅広い年代の人に馴染み深いお野菜のひとつですね♪

今日は、そんなお馴染みのほうれん草を取り上げて、どんな栄養や効果があるのか、改めてじっくりご紹介していきます。

栄養素は何が入ってるの?

鉄分

 

ほうれん草の代表的な栄養素と言えば鉄分ですね!

ほうれん草に含まれる鉄分は牛レバーと同じくらい含まれているので驚きです。

鉄分は赤血球を作る材料になり、貧血予防に役立ちます。

日本人の女性の約20%が貧血と言われており、疲れやすいなど貧血特有の症状が出れば注意が必要です。

βカロテン

 

抗酸化作用の代表格βカロテンです。

活性酸素の働きを抑制することでがんの予防などの効能があります。

100gのほうれん草で1日に必要な量の40%を摂取することが出来る優れものです♪

ビタミンC

 

ビタミンCは免疫力を高めて風邪の予防に役立ちます。

またコラーゲンの生成を促進させ、しみなどを防ぐ美肌効果もあります。

ビタミンCはビタミンEと同時に食べることでより効果が高まります。

ビタミンEが多く含まれるごまと一緒に食べるのがオススメです!

ほうれん草のごま和えは私も大好きです♪

カリウム

 

ご存知のとおり、カリウムは摂り過ぎた塩分を体外に出す栄養素の代表です。

血圧を下げる効果があるため、むくみの解消にも有効です。

マンガン

 

捨ててしまう人も多い、ほうれん草の根元にあるピンク色の部分。

骨の形成を助ける栄養素マンガンが含まれています。
マンガンが不足すると骨粗しょう症、生殖不能症、肌荒れなどを引き起こします。

ほうれん草の根元にあるピンク色の部分に栄養があるので捨てずに使う事!

シュウ酸

 

シュウ酸は少し注意が必要で、栄養素である鉄分と結合して、体内での吸収を妨げてしまうのです!

そのため鉄分の吸収率が低くなってしまいます。

しかし下ゆでをする事によって、シュウ酸が少なくなります♪

ただシュウ酸をすべて取り除くことは出来ないので、ほうれん草を色んな食材とバランスよく食べる必要があります。

葉酸

 

水溶性のビタミンB群の一種です。 

代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。 

そのため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。
ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。

それ以外にも、ほうれん草にはビタミンB12や、マグネシウム、亜鉛等のミネラルも豊富に含まれています

Advertisement

健康にはどんな影響があるの?

 

ほうれん草には、大変豊富なビタミンAやβカロテンが、免疫力を高める効果を発揮してくれます。

しかも、ほうれん草にはビタミンCもたっぷりなので、ほうれん草ひとつでβカロテンをしっかり吸収できて一石二鳥なんです!

また、ビタミンEもたくさん含まれていることも、免疫力向上に一役買ってくれます。

このようなビタミン類のおかげで、風邪や感染症、口内炎や免疫疾患などを予防する効果があります。

βカロテンの含有量だけで見てみると、ほうれん草よりもニンジンやブロッコリーなどの方が多いようです・・・

ですが、食べやすさをプラスに考えると、ほうれん草の免疫力アップ効果は、お野菜の中でもトップクラスと言えるでしょう。

美容にも効果あるの!?

 

βカロテンには、肌に良い効果があるので食べることで美肌を手に入れることができます。

βカロテンは体内でビタミンAに変換され、これによって皮膚細胞を活性化する作用があります。

新陳代謝が活発化するので、肌の再生に欠かせないターンオーバーが整います。

そのため美肌効果や血色を明るくする効果なども期待できるのです♪

ダイエットや便秘にも効果あり?

 

ほうれん草には、食物繊維が豊富に含まれておりますので便秘解消効果が期待できます。

ほうれん草に含まれる食物繊維は2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つです。

ほうれん草のダブルの繊維効果で、腸の調子も整ってポッコリお腹になることを予防できます♪

便秘が解消すればデトックス効果やくびれができるのでダイエット効果も期待できると思います♪

また、ほうれん草にはチラコイドという成分が含まれているのですが、この成分は腸での消化や吸収を緩やかにするので空腹感を和らげる作用があります。

Advertisement

まとめ

 

いかがでしたか?

ほうれん草といえば鉄分のイメージが強いのですが、かなりの栄養素が入っている事がわかりましたね♪

みなさん、ほうれん草を普段食べていますか?

私の周りにはほうれん草が苦手って方が何人かいらっしゃるのですが、栄養について意識して食べるのと、何も考えずに食べるのとでは少しは美味しく食べれるのではと思います♪

(変わらないですかね・・・)

食べ方としては少し茹でて根元も捨てずに食べる!

ですね♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

ほうれん草カテゴリの最新記事