【酢】どんな効果があるの?美肌にも効果が!?健康への影響はどうなんだろう?詳しく解説!

【酢】どんな効果があるの?美肌にも効果が!?健康への影響はどうなんだろう?詳しく解説!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回は酢について見ていきましょう!

酢とは?

 

一般的に酢というと、酢酸を3~5%程度含んだ酸味のある調味料のことを指します。
酢酸はいわゆる酢の酸っぱい成分のことで、酢酸が多いほど酸っぱいと感じることが出来ますね。

お酢の主原料は、穀類、果実、などさまざまですが、造り方の基本となるのは、酒を造る工程の後に、酢酸発酵を加えることです。

酢の種類

穀物酢

 

小麦コーンなどの穀物を原料とした、味わいがさっぱりしている酢です。
酸味は他の酢に比べてやや低めで、あらゆる料理によく合うので、煮物や炒め物などにも適しています。

価格もお安く、料理の下処理などにも気軽に使えますし、火を通すと酢は酸味が飛ぶので肉を柔らかくしたりするのにも最適です。

米酢

 

酸味は穀物酢よりも少し強めで標準的な酸味です。
米酢ならではのまろやかな味わいがあり、お寿司を作るのによく合います。

その他にもサラダなどの加熱調理をしない料理に使うと、美味しく食べられます。

黒酢

 

黒酢の色が黒いのは、長く醗酵された証で、その味には旨みとコクがあります。
和洋中どれにでも合いますし、料理の隠し味などに使うと味に深みが出て美味しいと思います。

アミノ酸が多く含まれていたり、アンチエイジング効果があるのも特徴です。

リンゴ酢

 

ミネラルの豊富なリンゴを原材料としたフルーティな味わいの酢です。
ドレッシングやサワードリンク、マリネなどにも向いており、洋食に使うのがおすすめです。

カリウムが多く含まれているため、塩分を外に出してくれて便秘改善に繋がります。

バルサミコ酢

 

主原料がブドウ果汁で豊かな香りが特徴です。
北イタリアで作られるブドウ果汁を使用しており、それらを煮詰めて木樽で熟成させることでブドウの甘みとコクが出ます。

煮込み料理や肉・魚の料理、スープの香りづけなど隠し味にも最適ですよ。

もろみ酢

 

沖縄の泡盛から作られた酢で、一般的な穀物酢とは異なり、クエン酸が主成分で、アミノ酸やビタミンも多く含まれています

酸味が少なく、飲み物に入れたり料理の隠し味にも向いています。

酢の効果や効能

ダイエット効果

 

酢に含まれている酢酸、クエン酸、アミノ酸がダイエットに効果があると言われています。

酢酸には脂肪の蓄積を抑える効果があり、クエン酸で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費し、アミノ酸で脂肪の燃焼を促す効果が期待されています。

疲労回復効果

 

お酢に含まれるアミノ酸とクエン酸が疲労回復のスピードを速めてくれる効果があります。

運動の後や、仕事の後に酢を摂り入れると効率よく疲労回復を行ってくれます。

腸内環境を整える

 

酢に含まれる酢酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、腸内環境を整える効果があります。

原液ではなく、薄めた酢でもこの効果が得られて、便通も良くなるので、便秘対策にも効果が期待されています。

抗菌作用

 

昔からの知恵で、酢を使って食べ物を痛みにくくするという言い伝えがあります。

この効果が実際に化学的に検証され、細菌の繁殖を抑える効果があることが発見されました。

大腸菌やサルモネラ菌など、人間の身体に害を及ぼす菌に対しても効果が証明されています。

美容にも効果アリ!?

 

クエン酸には活性酸素を除去し、代謝を促進する働きがあります。

そのため体のサビを防止し、糖質や脂質を燃焼しやすい体を作ります。
さらにお酢の美容効果は、クエン酸によるものだけではありません。

お酢に含まれるアミノ酸はコラーゲンを生成します。
その為、お肌のハリや保湿力を高め、シミを予防するお酢は女性にはいい効果ばかりなんです♪

その他にも、お酢は血液をサラサラにし、血行を促します

飲むタイミング

 

食前の空腹時にお酢を摂るのはNGです!

胃が荒れてしまう為です。

さらにお酢には食欲増進の作用があるため、ダイエットの面からみると食後の摂取がオススメですよ!
就寝中に残った酸が、歯に影響を与える為、エナメル質を保護するためにも、寝る前にお酢を飲むことはやめておきましょう。

まとめ

 

お酢は料理を作る時に活躍してくれる調味料という認識でしたが、体に良い効果を色々ともたらしてくれてたんですね♪

ダイエットや疲労回復にも役に立つみたいなのでみなさんもお酢を体に取り入れてみてはいかがでしょうか?♪

しかし、たくさん飲んでも、効果があがることはありません。

摂り過ぎて胃を痛めたりしないように注意してくださいね!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

お酢カテゴリの最新記事