【炭酸水】健康にいい正しい飲み方やダイエットに効果的な飲み方を詳しく解説!

【炭酸水】健康にいい正しい飲み方やダイエットに効果的な飲み方を詳しく解説!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回は炭酸水について見ていきましょう!

水代わりが基本

のどが渇いたときジュースやお茶、コーヒーなどを飲んでいませんか?
これらは甘みや利尿作用があるので、かえってのどを渇かしてしまいます

そこでミネラルウォーターでのどを潤す人が多いと思いますが、それを炭酸水に置き換えましょう!
また、これまであまり水を飲む習慣がなかった人も、これを機会に炭酸水を摂るようにしてはいかがでしょうか。

1日に必要な水分は2リットルといわれています。


炭酸水は飲みすぎても大丈夫なの? 

厚生労働省は炭酸水の具体的な上限量や推奨量を定めてはいませんが、人間は1日に汗や尿などで排出される水分量が2~2.5リットルあるといわれています。

その為、食事で得る水分を差し引いても1.5~2リットル近い水分補給が必要かなと思います。

1回に飲む量や1日に飲む回数はどのくらいがベスト?

一度に多くの炭酸水を摂ると胃に負担がかかり、消化液に影響が出てしまいます。

疲労の原因にもなるので、1回につき飲む量はコップ1杯分・約200mlを目安にするといいでしょう。

朝起きた後すぐや食前、入欲の前後、寝る前に飲むことをふまえると、1日に7~8回に分けるのがいいんじゃないかなと思います。

まずは寝起きの1杯を飲もう!

朝スッキリとした目覚めは気持ちの良いものですが、現実はそう理想的ではありません。
つい夜更かししてしまったり、仕事が忙しかったり・・・
それでもずっと寝ているわけにはいきませんよね。

目覚まし時計のアラームに起こされ寝覚めが悪かったりします。
そんなとき、まず起きたらグラス1杯の炭酸水を飲むようにしてみましょう!

目覚めた時に、意識がボーっとしているのと同じように、体の中もじゅうぶんに目覚めていないのです。
とくに胃は夜9時ごろに活動が弱まり、朝の7時ごろから活動を再開するといわれています。
炭酸水が胃を刺激してくれて、胃の活動を助けてくれます。

また寝ている間に水分は不足しています。
水分補給にも炭酸水の1杯が役立ちます

便秘気味の人なら、炭酸で胃が刺激され、腸も活発化され、心地よいお通じも期待できます。
何よりも、さわやかな炭酸水でスッキリ目覚めれば、爽快な1日がすごせそうな気分になります。

食事中に炭酸水

食事中も炭酸水を飲むという点です。

炭酸水は胃のなかで炭酸ガスを発生させます。
炭酸ガスで胃がふくれますので、食べる量を減らすことができるのです。

ダイエット中にはうってつけの飲み方です。

もちろん朝の朝食やランチ、ディナーでも、食前、食中に炭酸水を飲むようにし、普段、食事といっしょに飲んでいる水、お茶を置き換えることで、カンタンに習慣化することができます。

まとめ

今回は炭酸水の飲み方について書いてみました。
炭酸水はシンプルに飲むだけで効果を発揮しますのでその点ではわかりやすいですよね!
私も炭酸水を愛飲してまして、最初はなんとなくみんなが飲んでたから飲んだっていうのがキッカケでした。

今まで色々なシチュエーションで飲み物を飲んでたのをすべて炭酸水に変えたのですが、
びっくりするくらい体が軽くなります♪

特に効果があったなと思ったのは寝起きがかなりよくなった事ですね!
スッキリ目覚められるようになりました♪

飲みの席なんかでもお酒の代わりに炭酸水を飲んだりしてます。
みなさんも是非炭酸水を取り入れてみてはいかがでしょうか?

オススメですよ♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

炭酸水カテゴリの最新記事