【チョコレート】実は健康にいい?効果や効能その他栄養について!

【チョコレート】実は健康にいい?効果や効能その他栄養について!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回はチョコレートについて見ていきましょう!

チョコレートとは

チョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品です。
ちなみに、チョコレートのフランス語での呼称がショコラなのです!


栄養素

カカオポリフェノール

 

ポリフェノールが含まれた食べ物はいろいろありますが、チョコレートの材料、カカオ豆にもカカオポリフェノールというポリフェノールの一種がたっぷり含まれています
実はこのポリフェノール、自然食品から摂取することがなかなか難しいという事はあまりご存知ないかと思います。

しかし、比較的効率よく摂取できるのがカカオ豆なのです。
ポリフェノールが豊富に含まれ、しかも気軽に利用しやすい食べ物、それがチョコレートやココアなんですね♪

カカオプロテイン

 

難消化性の物質は、小腸で消化吸収されず、大腸に届き、便の基材となってかさを増すことができます。
また、腸内細菌のえさとなり腸内フローラを変化させることで、整腸作用を及ぼします。

カカオプロテインには、便のかさ増し効果と整腸作用による「便通改善」の効果が期待できると言われています。

健康への影響

血圧低下 

 

血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できるのです。

動脈硬化予防 

 

動脈硬化を引き起こす原因のひとつに、コレステロールが酸化されることが挙げられます。
カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

 美容効果 

 

肌は年齢とともに老化します。カカオポリフェノールは、肌老化の原因の活性酸素が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されています。

アレルギーの改善 

 

アレルギーの発症には過剰に作られる活性酸素が関わっています。
カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。

脳の活性化

 

脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。
カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

チョコレートの都市伝説

 

チョコレートをたくさん食べ過ぎると鼻血が出ると聞いた事ありませんか?
実はチョコレートを食べて、鼻血が出るという話は、医学的には根拠がありません(笑)
なぜ、こんなふうにいわれるようになったのかはいくつかの説があります。

まずは、チョコレートの食べ過ぎを防ぐため、という説が有力ですね。
チョコレートをおなかいっぱい、食べ過ぎてしまいそうな人に、注意するために、鼻血が出る!と、言って脅かしたそうです。

また、昔は、チョコレートは高級な食べ物で、大人でも、なかなか味わうことができず、一人のお母さんが、自分の子どもに高価なチョコレートを、あまりたくさん食べさせないように、少しずつ大事に食べさせようとして「鼻血が出る」と言った、という説もあるんですよ。


まとめ

 

いかがでしたか?
チョコレートって意外と健康に影響があるんだなと思いましたね〜!
私はおやつ感覚でたまに食べるくらいでしたのでもっと食べてもいいかな!
鼻血も出ないという事がわかりましたし(笑)
またチョコレートについては今回書けなかった部分を別の機会に書けたらと思います♪

そして今回ご紹介したチョコレートを世界のトップパティシエ達に愛されるヴァローナ社のクーベルチュールチョコレート3種を厳選100%使用した、芳醇なカカオのアロマと雑味のない完璧な口溶けを実現!
ソムリエ資格を持つスタッフがオーダー(受注生産)に合わせて徹底した温度管理(178℃12分)とフレンチレストランの調理技術を活かして一品一品丁寧に毎朝焼きあげております♪

こちらからお店のサイトに行けます♪
神楽坂 ル コキヤージュ 絶対スベらない鉄板ギフト!テリーヌ ドゥ ショコラ

金額に恥じない味とパッケージを備えておりますので、内祝い、母の日、バレンタイン、お中元、お歳暮、お誕生日などの贈り物はもちろん、法人ギフト、接待の手土産にも最適ですよ!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

チョコレートカテゴリの最新記事