【トマト】健康な食べ方、効果・効能について解説!

【トマト】健康な食べ方、効果・効能について解説!
Pocket

Advertisement

みなさん健康には気をつけてますかー?
人生健康が一番!
どうもたの太郎です♪

今回はトマトについて見ていきましょう!

トマトについて

 

実はトマトはなす科の一年生植物で、日本ではなく南アメリカ原産なんです!
知らなかったです(笑)
初夏に黄色い花が咲きます。

効果・効能

 

トマトには動脈硬化や脳卒中といった生活習慣病を予防する効果があります。
トマトに含まれる成分のリコピンは、強力な抗酸化作用を持っています。

生活習慣病の原因のひとつが体内の活性酸素の増加と言われていて、リコピンの抗酸化力は生活習慣病の原因を抑制してくれるのです。

また、リコピンは悪玉コレステロールを分解する力も持っています。
活性酸素によって引き起こされるコレステロールの酸化や、それによってできる血栓の分解に役立ちます。

トマトはリコピンだけでなく、ビタミンCや食物繊維、カリウムなども豊富に含まれています。
他にも、疲労回復や便秘解消などの効果もあるとされています。

トマトの食べ方

加熱

 

まず最初にオススメする食べ方は加熱です。

加熱することによって細胞が壊れ、リコピンを体内に吸収しやすくなるのです。また、水分が抜けることで体積も減り、生でトマトを2個食べようと思ったら大変ですが、火を通してトマトソースにする事で食べやすくなります!

 

リコピンは油にとっても溶けやすい性質を持っています。
油と一緒に調理すると、体内にリコピンを吸収できる量が増えるという事になります。

オリーブオイルなどをトマトにかけて生で食べるのもアリですね♪

チーズをのせてオーブンで焼いたり、炒め物に入れたりしてもいいですね。
クエン酸が脂っこさを中和してくれますから、肉類の煮込み料理などには最適です。

生で食べる

 

生のトマトは水分がほとんどで、そのほかに微量のミネラルやビタミンが含まれています。
トマトの栄養の中ではβ-カロテンやビタミンCが多いです。


しかし、含有量で見てみると若干カボチャやブロッコリーの方が高いのです・・・
でもトマトは生で食べてこの栄養が得られるので手軽に栄養を摂取するには、おすすめの野菜といえます。

まとめ

 

リコピンという成分があるのは知っていましたが、どうゆう働きをして体にどうゆう影響があるか改めて知れましたね♪

食べ方1つで効果が変わったりしますので正しい食べ方でトマトを食べましょう!

ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!

 

トマトカテゴリの最新記事